カテゴリ:- Barcelona( 6 )

帰国へ

9/13(水)、Tくんに「もう10時半だよ!」と言われ目が覚める。慌ててシャワーを浴びると、Tくんはサンドイッチとコーヒーを入れてくれていた!もう泣きそうになりながら急いでほおばり、家を出ようとすると、スペイン広場までの行き方は覚えてる?と聞かれ、思わずmaybeと言ったら、なんと岩井氏と二人して、バス乗り場まで送ってくれた...なんていい人たち。
無事にバスに乗り込み、二人とはお別れ。あっという間だったし、あまりアートには触れなかったけれど、十分色んな収穫の多いバルセロナでの日々だった。

バスで30分もたたないうちに空港に到着。またしてもBAのカウンターは長蛇の列。もうありえないくらい待たされるし、安いチケットのため、座席指定を事前にできないので、当然のように私がチェックインをする頃には、3列の真ん中、みたいな席しか残っていない。しかもチェックインをしてゲートクローズの時間まで10分しかない、という時間。なので急いでゲートに行ったら、乗るはずの飛行機は未だ着いていなかった...。結局、その後、2時間以上ゲートで待つ羽目に。

ロンドンに到着すると、当然乗るはずだった成田行きの便は既に出発済み。BAのカウンタースタッフにチケットを見せると、ほとんど無言でANAの便に変更してくれ、ターミナル3に行ってね、と告げられる。ターミナル1からバスに乗ってターミナル3につくと、ANAのカウンタースタッフは日本人のおばさまで、とってもやさしくチケットを用意しれくれた。しかし出発までこれまた3時間近くあり、もうぐったり。

やっと搭乗の時間になり、ゲートに行くと、さすがANAだけにほとんどのお客さんが日本人。きこえてくるのも日本語ばかりで、なんだか変な気分のまま、飛行機に乗り込み、食事が運ばれ、ビールを飲んで「ダ・ヴィンチ・コード」を見始めたけれど、すぐ爆睡。
ふと目が覚めると、おなかが痛くなってトイレに向かっていたら、そこで気絶。笑
変なものを食べたとかではなく、明らかに疲労が原因だと思うけれど、倒れるとは自分でもびっくり。その後は、CAさんがくれたポカリを飲んでブランケット2枚重ねでもう一度爆睡し、目が覚めたらだいぶスッキリしていた。
そんなこんなで、あっという間に成田に到着し、無事帰宅。10日間もあっという間。来年は1ヶ月くらいかけて、どこかに行きたいと思う今日この頃。がんばってお金を貯めよう。

a0034005_1404918.jpgさて、バルセロナ、私はちっとも観光客らしい過ごし方をしていなかったような気もしますが、ショッピングをしたり、おしゃれなお店に行きたい!という人は、まず現地で「b-guided」という季刊の雑誌を買うことをお勧めします。スペイン語と英語のバイリンガルで、地図もついているし、内容もかなり充実。約250ページ、オールカラーで3.8ユーロ。

追記)
渋谷PARCOのロゴスに行ったら、かなり古い号がなんと¥2980で売ってました...。洋服の場合、海外と日本の価格差はほとんどないのに、書籍はなぜこんなに違うのでしょうね。Amazoneがあって良かった。
[PR]
by ayya-i10x | 2006-09-30 14:02 | - Barcelona

バルセロナ五日目

9/12(火)、朝方激しい雷雨。アパートの窓はどこも全開になっていたので、気になって寝ていた部屋を出て窓を閉めに行くと、他の部屋からもごそごそとみんな出てきて窓を閉めようとしていた。3時間ほどでおさまり、その後は風は強いけれど、日差しは出てきた。

この日は、アーティストの新井さんに、市内のアートセンター「HANGAR(アンガール)」を案内していただくことになっていたので、お昼過ぎに最寄りの地下鉄駅へ。電車を乗り継いで向かった先は、日曜の夜に行ったクラブのすぐ近くでビックリ。元々は工場地域だった場所にできたアートセンターだったけれど、再開発が決定されている場所で、4月には施設の一部が放火されるという事件も起こったそう。センターの敷地入り口には警備員のおじちゃんたちがいて、HANGAR内部の写真は撮っても良いけれど、外の写真は撮らないでね、と注意を受ける。
a0034005_12243316.jpg

HANGARには、メディアセンターとスタジオがあり、アーティストはアプライ後に審査を受けて数ヶ月単位で場所を利用できるそう。内部は広々としていて、アーティストにとってはとてもいい環境のように見えた(ビーチも近いし:笑)。この日は、新井さんが数週間前に知りあったという、ベルリンから来た女性アーティストが施設内を案内してくれたのだけれど、Survivartもここで何かやったらいいのに!なんておっしゃってくれ、恐縮。
a0034005_1236746.jpg

a0034005_1239558.jpg

途中、偶然居合わせた、ベルギー人アーティストさんが自身のプロジェクト「ZOO NATION」を紹介してくれた。世界各地の動物園に行き、リサーチをして、データベース化をはかり、サイトにまとめたもので、5年ほど掛けたプロジェクトだそう。
詳細はこちら→http://www.zoonation.be/
その後、イギリス人アーティストも交え、みんなでランチ。どれもこれも量が多かったけれど、前菜のショートパスタは絶品だった。ちなみに日本人だとわかったようで、キッコーマンの醤油まで出してくれるというサービスつき。笑

その後、新井さんとは地下鉄を降りたところでお別れし、いったんアパートへ。
Tくんと合流し、おそらくもう終わっているけれどMACBA(バルセロナ現代美術館)と本屋さんとモンジュイックの丘に行くことを決め準備をしていると、ブラジリアンのAくんから連絡があり、一緒に行くことに。
a0034005_1246115.jpg

写真左がTくん、右がAくん。くん付けで書くのもおかしいけれど、二人とも年下なので、よしとします。笑 その奥に写っている白っぽい建物がMACBA。今回は行けなかったけれど、次回必ず!
MACBAのすぐ裏手にあるCCCBのブックストアでしばし買い物。CASA MILLAの本屋さんもそこそこ充実していたけれど、こちらの方がより種類も豊富だった。ちなみにこのCCCBは展覧会スペースもあるし、アートだけではなく、ダンスや音楽、映像などの公演やレクチャーなどを行っている。こちらも次回は必ず!

その後、スペイン広場からバスに乗ってモンジュイックの丘へ。風がものすごく強くて雲ってきてはいたけれど、眺めは最高だった。特にビーチの方を見下ろすと、タンカーやコンテナが並び、車が走り重機が動く様が、おもちゃのようでもあり、なんだか不思議な気分だった。
再びバスに乗って地下鉄へ。Aくんとはこれでお別れ。いや今度はマドリッドに会いに行けばいいか、なんて思いつつメアドを交換。本当にかわいらしい人だった。
a0034005_132184.jpg

a0034005_1375385.jpg


家に戻ると、今夜は岩井氏が自慢のパスタを作ってくれることに。まもなく、再び激しい雷雨が襲ってきた。これが本当にすごくて、音も雨も美しく、おいしいパスタとCAVA(スパークリングワイン)で、おなかも心もいっぱいに。ごちそうさまでした。

にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
by ayya-i10x | 2006-09-29 23:59 | - Barcelona

バルセロナ四日目

9/11(月)、これまで三日間の遊び疲れがどっと出る。この日はカタルーニャ地方の休日。スペインは休日といったら休日なので、みんなお休みになる、と聞いていたのだけれど、小さなスーパーなんかはやっていて、午後遅くなってから買い出しなどに出かけてみる。

アパートのすぐ目の前に、サン・アントニ市場という大きな市場があるにもかかわらず、いつも買い物に行っていたのはSPARだった。笑  HOT SPARは日本にもあるけれど、元々はドイツの会社で、Tくんはドイツ人だけによく利用しているらしい(単純に安いからかも)。ここの店員さんはアラブ系のおじちゃんたちなんだけれど、いつもレジでサヨナラ〜とか言ってくれて、かわいらしかった。

この日は、シェアメイトのみんなもほとんど家にいて、私が持って行ったおみやげのかりん糖や豆菓子をつつきながら、みんなでぼわーっと過ごす。シェアメイトは国籍がバラバラで、フランス、南米、アイルランド、韓国、ドイツ...と、現地スペイン人がいないという状況。Tくんはスペイン語以外に、英語とフランス語もできるので、フランス人と話すときはフランス語、アイルランド人と話す時は英語、と巧みに使い分けていてびっくり。

ちなみに、お菓子のおかげで、英語のほとんど話せないフランス人と、うち解ける瞬間があったのが、ものすごく印象的だった。彼とはアパートでよく顔を合わせていたのだけれど、英語が話せないから会話をすることがほとんどなかった。お菓子を勧めたら、色々な味を試しては表情に出してくれ、だんだん心を開いてくれた。彼はフランスでパティシエをしていたそうで、スペインでもお菓子屋さんで働きたいと思い、スペイン語を勉強しつつ、仕事を探しているところだそう。いろんな人がいるものです。そんなこんなで、この日は少し早めに就寝。
a0034005_1002564.jpg

[PR]
by ayya-i10x | 2006-09-28 23:34 | - Barcelona

バルセロナ三日目

9/10(日)、この日ももちろん起きたらお昼過ぎ。朝方帰ってくる時に、Tくん&岩井氏と、今日の朝ご飯はフライにした肉のみのケバブね!!と言っていたけれど、もちろんそんなものは食べれられるはずもなく。でもやっぱりケバブを食べに、ランブラ・デルのお店へ。笑
もちろんたっぷり野菜の入ったタイプを注文。しっかし前日歩きすぎて三人とも若干お疲れモード。しかしTくんはとってもいい人なので、ガウディを見にいこう!と誘ってくれ、いざサクラダ・ファミリアを目指すことに。

やはりガウディはすごかった。下の写真は目の前にある公園から撮影。本当は歩いて上に昇る予定だったのだけれど、現在階段が使えないとのことで、エレベーター待ちの長蛇の列に並ぶ気になれず、一階内部と地下のミュージアムだけ見学して終了。それでも結構十分満足だった。
a0034005_2125363.jpg

a0034005_213471.jpg

a0034005_2132646.jpg

その後、Casa Mila, Casa Batlloの外観だけ見て、アントニ・タピエス美術館へ。ここは、観光客には不人気なのか、とっても空いていて、おかげでゆっくり鑑賞できた。彼の作品を私は今まで見たことがあったのかどうかわからないのだけれど、作品はモノ派的なものもあったし、結構笑えるものもあってなかなか楽しめた。しかし、この手の個人美術館は、たいてい若かりし頃の情けない作品も展示してあったりするが、これって作家自身は平気なのだろうか。

美術館を出ると、昨日からの疲労と、歩き疲れでなんだか甘いモノが食べたくなり、TくんにSweets!と叫んでいると、この辺はBARが有名なエリアだから、どこかケーキのあるお店があれば、行ってみようかということに。少し歩いたところで、ちょっと高級そうなBARを見つけ、カウンターを覗いてみると、おいしそうなケーキを発見。そこで魚介のタパス数品と、シンプルなスポンジケーキ、それにカタルーニャ地方の有名なスイーツ「Crema Catalana」をいただいた。どれもこれも、ものすごくおいしくて感動の嵐。最後に頼んだコーヒーまでいいお味でした。
a0034005_21365990.jpg

その後、いったん家に戻り、青森で偶然お会いした、バルセロナ在住のアーティスト、新井厚子さんに電話をしてみると、なんとTくんの家のすぐ近くに住んでいることが判明!あまりに近いので、ちょっと一杯ビールでも飲みますか、ということで、近所のBARで待ち合わせ。青森以来、約一月ぶりに、しかもバルセロナでお会いすることができたことに、私はこっそり感慨深く、出会いってすごいな、と思った次第。

新井さんとは数日後に一緒に市内のアートセンターに出かけることを約束してお別れし、私たちはまたしても昨日のビーチへ。9/11はバルセロナのあるカタルーニャ地方の日ということで休日だそうで、その前日だから?なのか、ビーチパーティーがあるとのこと。
で、タクシーに乗ってビーチに到着すると、わんさか人がいて音楽があって、なんだかいい雰囲気。もちろん昨日のみんなも来ていたので一緒にビールを飲みつつ写真を取ったり踊ったり。その後、近くのクラブに移動して、結局この日も朝まで踊りまくり笑いまくり。

にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
by ayya-i10x | 2006-09-27 23:28 | - Barcelona

バルセロナ二日目

9/9(土)、朝方に眠ったので、もちろん起きたらお昼をまわっていた。シャワーを浴びて出てくると、Tくんが朝食の準備をしてくれていた。この時点でもう午後4時とか。笑
しかし豪華な朝食!だった。半分にしたバケットにトマトの中身だけを塗り、そこにオリーブオイルを垂らして、生ハムやチーズをはさんで食べるサンドイッチ。これは本当においしくて、日本に帰ったら必ずやってみようと思ったほど。ジュースと同じようにパックで売っているガスパチョも、けっこうおいしかった。
a0034005_1153198.jpg

おなかもいっぱいになったところで、Tくんと共に外出。近所の古い教会などを案内して貰いつつ、ビーチへ向かうことに。この日は土曜日だったので、バスの本数が少なく、タクシーに乗車。東京とは違って、非常に安い。途中、コロンブスの塔を眺めつつ、あっという間にビーチに到着。
a0034005_11115552.jpg

写真は、黄昏れる岩井氏。笑
ビーチでは、Tくんの友人のブラジリアン女性と彼女の娘さん、さらに友達のブラジリアン男性二人と、またしても日本人女性の姿も。色々話していたら、前の日に一緒にご飯を食べた別の日本人も知ってるというので、驚き。彼女いわく、彼(日本人)を知っていたら、バルセロナで怖い物なしだよ、と。どういう意味かは割愛。笑
でも本当に気持ちよいビーチだった。Tくんは途中から泳いでいたけれど、私もあと15kgくらい痩せていたら、泳ぎたかったな(笑)。ちなみにブラジリアン男性はマドリッドに住んでいて、たまたまバルセロナに遊びに来ていたそう。結局彼らとは、その後も何度もバルセロナで一緒に遊ぶことになり、本当に出会えたことに感謝。
a0034005_11261538.jpg

ビーチでいったん解散した後、夜にまた再会してみんなでビーチの近くのクラブへ。いっぱい踊ってさらにハシゴ。かなり歩き回って何軒も行ってはみたけれど、なかなか良い雰囲気のところはなく、結局朝方私たちは帰宅。もうぐったり。
[PR]
by ayya-i10x | 2006-09-26 23:58 | - Barcelona

ロンドンからバルセロナへ

9/8(金)、この日も早起きをして荷造りをし、宿のすぐ横にあったニールズヤードで買い物をしてから、いざガトウィック空港へ。安く行こうと思い、地下鉄でロンドンブリッジから国鉄を乗り継ごうと思っていたのだけれど、Northern LineがEustonで停車したまま動かず。どこかで事故があったらしい。結局Victoria Lineに乗り換えてVictoria駅まで向かい、そこからノンストップ30分の文字に惹かれて、Gatwick Expressに乗り込んでしまった。普通列車を乗り継ぐと£5くらいでつくはずだけれど、特急列車は£14。チケットは乗ってからでもカードなどで購入可。空港についてみると、成田でもそうだったのだけれど、BAのカウンターは長蛇の列。延々と待っては進みを繰り返し、やっとチェックインをしてゲートへ。

ロンドンからバルセロナへのフライトは2時間くらいなのかな?たぶん。なんのことなく、バルセロナのエル・プラット空港に到着し、飛行機を降りるとバスポートチェックが待っていた。イギリスから来たので入国審査はないと思っていたが、アジア系の人たちはみんな引き留められて入国カードを書かされていた。しかも私は滞在予定の友人Tくん宅の住所がわからず、係のおじさんに質問され適当に返答してやっとゲートを出て、一番近くに見えた手荷物受け取りの看板に従って外に出てしまった。

しかしそこには乗ってきたBAの文字は見えず、もちろん私の乗ってきた飛行機の便名もナシ。どうやらもう一つ手荷物カウンターがあるらしいということがわかり、一瞬焦ったけれど、もうターミナルの中には戻れないし、近くにいた係の人に質問。すると、ターミナルが違うよ、と言われ行き方を教えて貰った。きっと機内で放送はしていたんだろうけれど、まったく気づいていなかった。

結局、いったんロビーに出て、BAのあるターミナルBに向かい、再度セキュリティチェックを受けて、ターミナルの中へ入れてもらい、ひたすらBaggageの看板に従って歩き、やっと荷物をゲット。ちなみにBAはターミナルAに到着するけど、手荷物はターミナルB、なのだそう。イギリスは、はやくシェンゲン協定に加盟してもらいたいものだ(EUROも!)。
(詳細はこちらのサイトにありました。私だけではないらしい...)

なんだかヘトヘトになりつつ出口を出ると、そこにはTくんと岩井氏が待っていてくれた!Tくんはドイツ人で今年の2月からバルセロナの大学に留学中。私と岩井氏は、彼がバルセロナにいるうちに遊びに行こうということで、今回のバルセロナランデブーとなったわけです。でも岩井氏はフランスからバスでバルセロナを目指すと言っていたので、まさか初日から会えるとは思わず。岩井氏も8日の朝に、バルセロナのサンツ駅に到着し、そこで荷物が一つ置き引きにあったそうで、元気だけれどグッタリ、という状況。でもま、元気そうでなにより。

空港からはバスに乗り、スペイン広場から地下鉄に乗って、Tくんのアパートのある、サン・アントニ駅で下車。バルセロナの地下鉄ホームは黒で統一されてカッコイイ印象だった。電光掲示板には、次の電車が来るまでのカウントダウンが秒単位でされていてちょっと新鮮。
a0034005_9462764.jpg

アパートからの眺め。これで午後8時を回った頃。まだまだ明るい。
部屋は日本で言うところの6階にあり、眺めのいい場所だった。ルームシェアをしている人たちに挨拶をしつつ、まったりと過ごす。この日はルームメイトの韓国人の女の子が、友人の日本人と一緒にアラブ系のレストランに行くというので、一緒に行くことになり、近所のBARで一杯飲んでから晩ご飯へ。既に夜10時半とか。笑
そこで、サモサやクスクスのような料理等を食べつつ、爆笑しながらの楽しい時間を過ごし、その後はクラブをハシゴし、アパートに戻ったのは、夜中の3時を回っていたような気がする。そんなこんなで、バルセロナの一日目が終了。
a0034005_9514296.jpg

[PR]
by ayya-i10x | 2006-09-25 08:57 | - Barcelona


サイト*885*のFeverをblogで。


by ayya-i10x

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
- Profile
- Survivart
- Project
- Exhibition&Event
- Dance&Stage
- Movie&Music
- Food&Drink
- Other
- Berlin
- Barcelona
- London
- Korea
- Hangul(한글)

ブログパーツ

ライフログ










フォロー中のブログ

函館望郷ブログ Life...
かつては、ハケン生活者
Report 藤浩志企画制作室
うちの食卓 Non so...
科学者の感性
ウラゲツ☆ブログ
直島カフェ まるやのこん...
【こぐれ日乗】京都橘大学...
周家の食卓
ニューヨークの遊び方
たべられる文章
smacks dialy
KOSUGE1-16の日誌
日々是写真
部屋を出る。
npo S-AIR エスエア
イノレコモンズのふた。
アート・オウトノミー・ネ...
spazieren
北海道美術ブログ(札幌圏...
MUSEUM OF TR...
天神芸術学校2006 川端校
かんざし娘日記
英語でブログ、Blog ...
MemoRandom
アートとビジネス
art blog VOI...
Nikkiiiiiii ...
そんなにみつめないで
Survivart Ne...
art drops
日菓のあれこれ
いわいさんちweb
アートNPOリンク
関美穂子
[通路]BLOG
MUSEUM OF TR...
about the me...
Documentary ...
grow up! Dan...
中崎透遊戯室/NAKAZ...
Midori Art C...

外部blog&link

最新のトラックバック

ソウルでの展覧会「Re:..
from *885* Fever
『ヨコハマメリー』 白き..
from *モナミ*
久々のSuperDeluxe
from *885* Fever
映画「ヨコハマメリー」
from 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の..
お金の教育
from 団塊世代の父へ贈る★定年退職..

以前の記事

2012年 09月
2012年 06月
2012年 02月
2011年 03月
2011年 01月
more...

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧