カテゴリ:- Project( 19 )

TERATOTERA(テラトテラ)お披露目の日

皆様、3月21日(日)はいっぱいイベントが重なっているかと思いますが、夜はぜひぜひ吉祥寺のCAFE ZENONへお集り下さい!豪華ゲストの皆さんとともに、お待ちしております。

----

TERATOTERA × 東京アートポイント計画
『TERATOTERA お披露目の日』

日 時: 2010年3月21日(日)17:30 OPEN 18:00 START(-24:00)
会 場: CAFE ZENON(東京都武蔵野市吉祥寺南町2-11-3)
     http://www.cafe-zenon.jp/
参加費: 1000円(1ドリンク+軽食)予約不要
主 催: 東京都、東京文化発信プロジェクト室(財団法人東京都歴史文化財団)
     一般社団法人TERATOTERA

<すべてのつながりはこの一夜から>
2010年春、JR中央線高円寺駅~吉祥寺駅区間をメインに、東京・杉並及び武蔵野
地域を舞台とした地域密着型のアートプロジェクトTERATOTERA (テラトテラ)
が始動します。TERATOTERAという名称は、〈寺〉と〈寺〉を結ぶ(高円〈寺〉to
吉祥〈寺〉、あるいはTERA=大地、地球をつなげる)という意味を込めてつけら
れました。
初の公開イベントとなる『TERATOTERA お披露目の日』では、本プロジェクトの
紹介を主軸として、この地域で活動を展開するアートスペースの関係者や縁ある
アーティストが一同に集い、トークショーやライブパフォーマンスを繰り広げま
す。大いなる可能性を秘めたTERATOTERAの記念すべき第一歩の証人となるべく、
ぜひ多くの方々のご来場を心よりお待ちしております。
すべてのつながりはこの一夜からはじまります。

■TIMETABLE
※時間は目安ですので、多少前後することがございます。ご了承下さい。
17:30 開場
18:00 TERATOTERA お披露目のご挨拶

18:15 TERATOTERA お披露目の話題その1「街と○▲□と私」司会:小川 希
    箕島裕二(吉祥寺シアター支配人)
    武川寛幸(吉祥寺バウスシアター)
    山口昌彦(『散歩の達人』編集長)
    ヨシムラヨシゾー(デザイナー、デビルロボッツ)
    森司(東京文化発信プロジェクト室)

19:45 ライヴ:Open Reel Ensemble

20:15 遠藤一郎よる応援
    『BEPPU PROJECT 2010 アート・ダンス・建築・まち』よりネット中継

20:30 TERATOTERA お披露目の話題その2「はみだしの美学!?」司会:長内綾子
    淺井裕介(アーティスト)
    粟田大輔(美術批評)
    泉太郎(アーティスト)
    卯城竜太(Chim↑Pomリーダー)

22:30 パフォーマンス:contact Gonzo

23:00 ライヴ:the teachers eri tomioka

■お問い合わせ
TERATOTERA(テラトテラ)
http://teratotera.jp/
[PR]
by ayya-i10x | 2010-03-21 18:00 | - Project

シンポジウム:サバイバル・プロジェクト急遽開催決定!

サバイバル・プロジェクト
─現代美術の機関はいかにしてインディペンデントでいられるのか?


日 時:3月20日(土)17:30~19:00
場 所:3331 Arts Chiyoda 地下/B104
参加費:無料、予約不要、逐次通訳あり
企画者:ジェン・メイヤー (鄭美雅)
会場アクセス:http://www.3331.jp/access/

スピーカー:
中村政人(3331 Arts Chiyoda、ディレクター)
片岡真実(森美術館、チーフキュレイター)
住友文彦(AIT キュレイター、インディペンデントキュレイター)
マンレイ・シュー(徐文瑞)(台北コンテンポラリーアートセンター、インディペンデントキュレイター)
ヤン・ジュン(楊俊)(台北コンテンポラリーアートセンター、アーティスト)
ジェン・メイヤー(鄭美雅)(台北コンテンポラリーアートセンター、インディペンデントキュレイター)

このフォーラムは台北コンテンポラリーアートセンターの発起人たちと日本で活動するキュレイターやディレクターが、芸術機関の「独立性」は、いかにして実践されうるかを議論するためのものである。「インディペンデント」であること。それは単なる論述だけではない。ひとつの実体を伴った行動であり、絶え間なき介入であり、芸術のメカニズムと文化政策の動きや方向性を変えていくことである。私たちは、実行可能でクリエイティブなお金の稼ぎ方について考える必要がある。常識を打ち破る組織の運営方法で、外部との交流のメカニズムを絶え間なく更新し、既存の硬化してしまった芸術機関と、がちがちにコントロールされている文化政策に挑戦するのである。

本シンポジウムは、3331 Arts Chiyoda にて開催中の開館記念展「見るまえに跳べ」に参加中の王俊傑(ワン・ジュンジェ/メディアアーティスト、キュレーター)による『台北コンテンポラリーアートセンター(東京支部)/ 探険プロジェクト』の関連プログラムとして行われます。
http://www.3331.jp/schedule/000074.html

●台北コンテンポラリーアートセンター (TCAC) とは?
2010年2月27日にオープンした台北コンテンポラリー・アートセンター(TCAC)は、アーティスト、キュレイター、研究者および文化活動家のグループによって設立されたインディペンデント・イニシアティブです。TCACは、それ自体が表現す媒体として機能するアート・コミュニティであり、世界各地のアートシーンとの相互作用や交流を行うためのプラットフォームです。たとえば、社会政治問題や文化政策、美学的立場といったそれぞれの関心事について語り合い、研究を深めることのできるスペースとして機能し、さらには社会や政治の変化について批評的・批判的声を上げ、それらが共有されるチャンネルとなることを目指しています。



Survival Plan
─How Can a Contemporary Art Organization Be Independent?

Date: Mar. 20 (Sat.) 17:30-19:00
Venue: 3331 Arts Chiyoda B104
Project by Meiya CHENG
Admission: Free, Reservations not required.
*with consecutive interpretation service
Access: http://www.3331.jp/access/

Speakers:
Masato NAKAMURA (3331 Arts Chiyoda, director)
Mami KATAOKA (Mori Art Museum, chief curator)
Fumihiko SUMITOMO (Initiator of AIT, independent curator)
Manray HSU (Initiator of Taipei Contemporary Art Center, independent curator)
Jun YANG (Initiator of Taipei Contemporary Art Center, artist)
Meiya CHENG (Initiator of Taipei Contemporary Art Center, independent curator)

This forum by Taipei Contemporary Art Center initiators and active curators and directors in Japan is to discuss what in practice is “independence”for an arts organization. When Independence is to be more than mere discourse―rather, concrete action and a path for the movement to fully engage with cultural policy and the mechanism of art, we need to envision creative, feasible economic models and unconventional operational models. We need to continuously refresh our engagement with the outside, while challenging rigid status quo art organizations and stifled cultural policy.


Taipei Contemporary Art Center (TCAC)
Opened in February 2010, Taipei Contemporary Art Center (TCAC) is an independent initiative founded by a group of artists, curators, scholars and cultural activists. TCAC is a platform for the art community to express itself, to interact among themselves and to exchange with international art worlds; a discursive space where the art community can discuss, research and address their concerns on socio-political issues, cultural policies and aesthetic positions -- ultimately becoming a shared channel where critical opinions on social and cultural changes are voiced.
http://www.3331.jp/schedule/000074.html
[PR]
by ayya-i10x | 2010-03-20 02:01 | - Project

来年10月、アサヒアートスクエアで...!

昨日、アサヒアートスクエアに行ってきました。というのも、Survivartで応募したAASパートナーシッププロジェクトの二次審査のヒアリングがあり、いま長崎に行っている岩井くんの代わりに私がプレゼンをしてきたのです。
ヒアリングは30分程で終了。正直、かなりの手応えを感じておりましたが、数時間後、無事にパートナーに選ばれたご連絡がありました。(しかも満票だったとか!)

→AASのサイトでも既に発表になってました!
http://aas.arts-npo.org/office/?p=607

ということで、来年の秋、やります!
『東京生活転回法—How to invert urbanism(仮)』

皆さま、お楽しみに。
そして、浅草界隈にお住まいの皆さま、来年至るところに出没しますので、よろしくお願い致します。
[PR]
by ayya-i10x | 2009-10-24 20:04 | - Project

韓国人アーティスト、ヂョン・ヨンドゥさん横浜で公開撮影!

現在、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で開催中の「DOUBLE FANTASY - Korean Contemporary Art」にも出品中の韓国人アーティスト、ヂョン・ヨンドゥさんの公開撮影が、来週横浜美術館で二日間に渡って行われます。

ヂョン・ヨンドゥさんは1969年生まれで、2007年には韓国の国立現代美術館が主催する賞「今年の作家」に史上最年少で選ばれるなど、国内外で活躍している、映像作家です。2008年にはNYのMoMAが、映像作品としてはナム・ジュン・パイクに次いで二人目にコレクション購入した韓国人ということでも有名になっていました。

丸亀のダブル・ファンタジー展では、昨年ソウルのKukje Galleryで発表した作品を展示しているようですが(Kukjeでの展示は私がちょうどソウルに滞在しているときだったので見ました。)、今回の作品「シネマジシャン」は、先月ギャラリー小柳で展示されていた、一台のカメラが長回しにされる中、セットがどんどん転換していく「Documentary Nostalgia」(2008)のような作品なのではと思われます。って違ったらスミマセン。私も今回の公開撮影に少々お手伝いに行くのですが、現時点では内容をよくわかっておりません。笑

韓国のポータルサイトNAVERにヨンドゥさんの動画付きのインタビューページがあります。ウェブ翻訳サービスを使えばだいぶ読めると思います。

彼の作品を簡単に説明すると、たとえば子供の書いた絵の世界を実際に作り、写真に収めてみたり、色々な国で出会った人達に「あたなの夢はなんですか?」と尋ね、その夢の姿を現実の姿と共に撮って並べて展示してみたり。一見どれもとてもハッピーなものが多いのですが、でも全ては偽物の作られた世界かもしれないし...といった感じで、最終的に観る者に様々な思考を提供してくれます。

今回の作品は、ソウル、横浜、NYと場所を変えて撮影されるとのこと。完成した作品の上映は10月31日から始まるヨコハマ国際映像祭2009[CREAM]で上映されます。


※以下広報用文章から、私のほうで少々加筆・修正してあります。
例)×リ・ヨンジョル → ○イ・ウンギョル

ーーー

映画撮影現場×マジック×アート鑑賞=!!
注目若手アーティスト“ヂョン・ヨンドゥ”と韓流マジシャン“イ・ウンギョル”による
<<シネマジシャン>>公開撮影

日にち:2009年8月26日(水)、27日(木)
時 間:19:00-20:30(18:30開場)
会 場:横浜美術館 レクチャーホール(神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1)
入場料:1,800円(税込)/日

ヨコハマ国際映像祭2009にて上展示される作品<<シネマジシャン>>は、ソウル、横浜、NYで撮影・制作する作品です。
ステージ上で繰り広げられるパフォーマンスとそれを見ている観客の空間に生まれる<緊張感>を描きだすために、パフォーマンスが公開撮影されます。マジックの鑑賞と映画の撮影現場を同時に体験することが出来るユニークなステージです。是非ご来場下さい!

↓ヨコハマ国際映像祭2009ブログ
http://cream09.blogspot.com/


■ヂョン・ヨンドゥ/Jung Yeondoo
1969年晋州(韓国)生まれ。ソウル在住。
写真や映像を媒介に、人々とコミュニケーションを築いていくプロセスを重視した作品で高い評価をされている。アジアだけでなく世界を代表する映像作家のひとりである。
http://www.yeondoojung.com/

■イ・ウンギョル/Lee Eungyeol
韓国生まれ。ソウル在住。
イ・ウンギョル は世界的なマジックコンペティションで数多くの賞を受賞しており、韓国をベースに活躍する世界的なマジシャン。
http://www.egmagic.com/

■お申し込み・お問い合わせ先:
「Cinemagician」制作実行委員会(担当:柴田)
メールまたはFAXで8/20までにお申し込み下さい。
メールアドレス:cinemagician(at)ifamy.jp
※(at)を@に変更して送信して下さい。
FAX:045-212-5630

*ご希望する日程と人数、ご連絡先をお知らせ下さい。整理番号をご連絡致します。
また、入場料は入場の際に清算とさせて頂きます。

主催: Jung Yondoo「cinemagician」制作実行委員会
会場協力:横浜美術館
協力:ヨコハマ国際映像祭 2009
[PR]
by ayya-i10x | 2009-08-20 12:21 | - Project

ダンス白州2009 火の節 8月8日〜16日開催!

a0034005_1581182.jpgダンス白州2009─四つの節会
火の節のプログラム詳細をアップしました!!
火の節では、ワークショップのほか、公演も多数開催いたします。
ぜひぜひご来場下さい!!
http://artcamp.org
[PR]
by ayya-i10x | 2009-07-11 01:59 | - Project

サンパウロの街から屋外広告が消えている

a0034005_0575495.jpgまずは私も年間購読している、カナダのアンチ広告雑誌「Adbusters」のサイト記事をどうぞ。
São Paulo: A City Without Ads

どうやらサンパウロ市長の提案で、ビルボードなどの屋外広告を、ビジュアル公害と位置づけて、撤去が始まっているらしい。いまは、ビルボードの本体ごと、ではなく、広告表示部分だけを剥がし取っているので、なんだか不思議な雰囲気になっています。
その様子は、Tony de Marco氏のflickrページにアップされています。写真は、ビルボードの部分だけを写したものが多く、街全体の写真がないので、その様子がいまいちわからないのですが...。

これ、同じコトが渋谷で起こったら、おそらく廃墟に見えるでしょうね...。
関連記事は、Guardian Unlimitedのブログにもあります。結構賛否両論まきおこりそうですね。
[PR]
by ayya-i10x | 2007-08-18 00:52 | - Project

YouTubeならぬYouThreeb

最近、NYのアートセンターEYE BEAM発のネタやウェブプロジェクトにいちいち関心しているのですが、今日もちょっとおもしろいプロジェクトを発見。

YouTubeならぬYouThreeb。会員登録をして、YouTube動画へのリンクを三つ登録すると、誰でも自分のお気に入りセットを作ることができ、再生ボタンを押すと、3つの動画が同時に始まります。一見たいしたことはないサービスですが、使い道はかなりありそうな気がします。

YouThreeb
http://www.you3b.com/

a0034005_322931.jpg

[PR]
by ayya-i10x | 2007-08-13 03:17 | - Project

MOT06インタビュー

昨夜は、MOT06のスタッフの方にお願いされていたインタビューを受けました。

MOTは昨年代官山インスタレーションに参加していた企画。(詳細はブログを参照してください。http://mot05.exblog.jp/
で、MOT06は05の時のスタッフが雄志で進めているプロジェクトです。

一通り、私とアートの絡みやSurvivartのことなどを話して無事終了。インタビュー内容は月末頃?にMOT06のブログに掲載されるそうなので、アップされたらまたお知らせします。

インタビューは久しぶりに受けましたが、これってとっても良い機会よね、といつも思います。なぜなら、話しながら自分の考えていることを整理できるし、一度言葉にすると、あぁ自分はこう思っていたのか、と逆に強く認識させられることもあるからです。って、聞かれる前にちゃんと分かってないとダメなんだろうなぁとも思いますが。あとは話すことが上手になる、というのもメリットですね。あーでもアーティストは話し下手な方が受けるらしいです。(芸大だけか?)笑

ま、とにかく今年は有言実行でがんばります。
[PR]
by ayya-i10x | 2006-02-08 15:46 | - Project

踏んだり蹴ったり

本日は、なんだかいろんなことが起こってしまいました。
で、私はこれからうーんと頭を悩ませなくてはいけなくなりそうだけれど、でもなんか、障害がある方が燃えたりしちゃったりして。笑
いや、障害というほどのことは全然なくて、自分を全部出せればいいんだろうな。と思う次第。

さて、4/26からまたソウルへ行ってきます。
ここ一年、パスポートの出入国記録は、全部韓国、というのも変な感じですが、今回は使命もあるので、今までとは全然違った旅になりそうな予感、というかそうします。

今日、お昼ご飯を食べているとき見たテレビで、最近の反日デモのことを各国がどういう風に報道しているか、というのをやっていて、一番共感できたのは、タイのメディアでした。
歴史は教訓でしかなく、未来志向で行動すべき、というコメント。
過去の歴史を忘れろとは全然思いません。しかしそこにだけこだわるのは全く持って生産性もないし、悪循環を生み出すことにしかならないのでは、と。ただ、大多数の若い日本人は、過去の歴史に無関心であるのも事実なので、今回の反日騒動を機に知識として得ること、そして自分なりに考えてみることは必要だと思います。

なんか、最近ほんとに思うことだけれど、私はどうやら自分で自分の人生を自分のための実験として費やすことになるんだろうなぁと。笑
みんなそうなのかもしれないし、私がちょっと変わっているのかも知れないし、それは全然比べる必要もないことなので、正直どうでもいいのですが。単純におもしろいことをおもしろい〜!っと興奮しながら一生を終えたいと思います。

若干酔っぱらいなので、あまり深くも考えてませんが、そんな感じです。
[PR]
by ayya-i10x | 2005-04-16 01:04 | - Project

エコプロダクツ展2004

a0034005_112663.jpg

エコプロ初日。アースデイマネーのブースでは、先日お願いしていた根熊たちが、無事に展示されていました。私のカレーも無事装着。
[PR]
by ayya-i10x | 2004-12-09 00:59 | - Project


サイト*885*のFeverをblogで。


by ayya-i10x

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
- Profile
- Survivart
- Project
- Exhibition&Event
- Dance&Stage
- Movie&Music
- Food&Drink
- Other
- Berlin
- Barcelona
- London
- Korea
- Hangul(한글)

ブログパーツ

ライフログ










フォロー中のブログ

函館望郷ブログ Life...
かつては、ハケン生活者
Report 藤浩志企画制作室
うちの食卓 Non so...
科学者の感性
ウラゲツ☆ブログ
直島カフェ まるやのこん...
【こぐれ日乗】京都橘大学...
周家の食卓
ニューヨークの遊び方
たべられる文章
smacks dialy
KOSUGE1-16の日誌
日々是写真
部屋を出る。
npo S-AIR エスエア
イノレコモンズのふた。
アート・オウトノミー・ネ...
spazieren
北海道美術ブログ(札幌圏...
MUSEUM OF TR...
天神芸術学校2006 川端校
かんざし娘日記
英語でブログ、Blog ...
MemoRandom
アートとビジネス
art blog VOI...
Nikkiiiiiii ...
そんなにみつめないで
Survivart Ne...
art drops
日菓のあれこれ
いわいさんちweb
アートNPOリンク
関美穂子
[通路]BLOG
MUSEUM OF TR...
about the me...
Documentary ...
grow up! Dan...
中崎透遊戯室/NAKAZ...
Midori Art C...

外部blog&link

最新のトラックバック

ソウルでの展覧会「Re:..
from *885* Fever
『ヨコハマメリー』 白き..
from *モナミ*
久々のSuperDeluxe
from *885* Fever
映画「ヨコハマメリー」
from 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の..
お金の教育
from 団塊世代の父へ贈る★定年退職..

以前の記事

2012年 09月
2012年 06月
2012年 02月
2011年 03月
2011年 01月
more...

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧