カテゴリ:- Survivart( 45 )

【仙台】全部・穴・会館 <ホール> の活動、はじまっています

a0034005_17332015.jpgこのブログの前回の記事が、2011年3月11日。
あれからもうすぐ1年です。
あの時は、自分が仙台に引越をするとは思ってもいませんでしたが、昨年11月より仙台に暮らしています。

そして、私の住む一軒家を全部・穴・会館 <ホール> と名付け2012年1月からときどきイベントを開催しています。

詳細はサイトをご覧下さい。
http://sendai.survivart.net/

今年は春から、東京(正しくは茨城)と仙台の往復生活になりそうです。
ということで、展覧会等でお見かけの際には、皆様どうぞよろしく。
仙台にお立ち寄りの際にはぜひご一報を!


Dear All

I had moved from Tokyo to Sendai in Tohoku area in November 2011.
And I started small activity using old house called "Whole, Hole, Hall【HŌLU】".
http://sendai.survivart.net/

When you come to Sendai, please let me know!

Ayako
[PR]
by ayya-i10x | 2012-02-21 17:32 | - Survivart

東京生活転回法 - How to invert urbanism 今週土曜日より開催!

相当放置してましたこのブログ。もうツイッターだけでいいんじゃないかと思っていますが、140字ではおさまらないこともやはりあるので当面利用で。
さて、いよいよSurvivartによる久しぶりの企画展が、今週末から始まります。
3人のアーティストがそれぞれ新作を展示しますので、正直なところ私もまだいったいどうなってしまうのか、ハラハラしています。とにかく、ぜひご来場下さい!


a0034005_0471388.jpg


◎東京生活転回法- How to invert urbanism
http://asakusa.survivart.net/

日 時: 2010年10月9日(土)~17日(日)12:00-20:00
場 所: アサヒ・アートスクエア
展示者: 岩井優、藤井光、山城大督、CAMP
入場料: 募金制
主 催: Survivart/アサヒ・アートスクエア
協 賛: アサヒビール株式会社
提 携: すみだ川アートプロジェクト
後 援: 墨田区
協 力: 東京キャナルネットワーク

振り返ると、戦後日本では「転換期」と言えるさまざまな場面がありました。高
度経済成長、学生運動、バブル期やバブル崩壊など、その都度人々は影響を受
け、生活や表現のスタイルも時代とともに大きな移り変わりを見せてきました。
では、現在の日本では何を「転換期」として認識することができるのでしょう
か。不況?政権交代?GDPが中国に抜かれること?ネットの浸透? それらが今
の生活に大きな影響を及ぼしていることは明らかなことでありながらも、いくつ
もの要素が交錯し、どれか一つを特定した「転換期」として指し示すことの難し
い状況に私たちはおかれています。
「東京生活転回法」では、そうした有形無形の「転換期」乱立の中、私たちが暮
らす東京という都市で、オルタナティブで批評性のある都市への視点や、制度・
環境の捉え方を、アーティストとともにつくり出すことに焦点が当てられます。
さまざまな既存のサービスやシステムをただの受け手として活用・認識するので
はなく、自ら組み替え、都市空間をステージとしたリレーショナルな表現の可能
性をアサヒ・アートスクエアを拠点に追求します。


◎ギャラリートーク 「転回の手法」
日 時: 2010年10月9日(土)15:00-
出 演: 岩井優、藤井光、山城大督
アーティストが取り組んだ4つのプロジェクトに東京生活を転回する鍵はあるの
か。それぞれの活動の真意に触れながら、アートと都市との関わりについて語り
ます。アーティストやプロジェクトを支えてきたスタッフ、また来場者ととも
に、転回の手法を探ります。

※トーク終了後、18時頃よりささやかながらオープニング・パーティーを行い
 ます。ぜひお誘い合わせの上、ご来場下さい。(無料)

※CAMPによる7日間連続のトークは、10月11日(月)~17日(日)会場内の
 一角で行われます。開催時間/ゲストの事前告知はございませんが、ぜひ
 会場にいらっしゃった際には、ご参加下さい。

※アーティストと作品の詳細についてはこちら
http://j.mp/aCJscb

※チラシPDFデータはこちら(410KB)
http://survivart.net/asakusa/Survivart_AAS_flyer.pdf


<会場アクセス>
アサヒ・アートスクエア
http://arts-npo.org/aas/
東京都墨田区吾妻橋1-23-1 スーパードライホール4F
TEL 090-9118-5171(事務局専用)

<お問い合わせ>
Survivart(サバイバート)
080-5644-0066
aas(@)survivart.net ※(at)を@にして送信してください。
[PR]
by ayya-i10x | 2010-10-05 00:48 | - Survivart

本日開催!12時間イベント:地域/コミュニティー 編

アサヒ・アートスクエア・パートナーシッププロジェクト2010
『東京生活転回法-How to invert urbanism(仮)』関連イベント

5月22日(土)12時間イベント:地域/コミュニティー 編 開催!
http://asakusa.survivart.net/wp/?p=85
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
12時間イベントの2回目は、ちょっと変わった形式にて行います。まず、アサ
ヒ・アートスクエアでは午前10時から午後10時までの間に、CAMPによるトー
クが5回行われます。その間、藤井光/岩井優/山城大督は、アサヒ・アートス
クエアを集合場所として、それぞれ別のツアーを行います。

東京生活転回法(仮)に関心を寄せていただいている皆様には大変申し訳ありま
せんが、この日、岩井優、藤井光、山城大督、CAMPによって行われる、全て
のアクティビティに参加することは不可能となります。

それでは、たくさんのご来場、心よりお待ちしております。

日 時: 5月22日(土)10:00-22:00
会 場: アサヒ・アートスクエアほか
出 演: 岩井優、藤井光、山城大督、CAMP
参加費: プログラムによって異なります
※予約が必要なプログラムがございますので、以下をご覧ください。




CAMP|12時間CAMP「コミュニティ」
「コミュニティ」をテーマに、同時代に 起こっていることについて議論します。

【日 時】2010年5月22日(土)10:00-22:00
【会 場】アサヒ・アートスクエア
【参加費】1,500円(1ドリンクオーダー)
【企 画】CAMP

<ゲスト>
毛原大樹/小泉元宏/星野太/森弘治/小泉明郎/藤井光/増本泰斗/
松原慈/Q Takeki Maeda/阿部純/濱野智史/伊藤総研/内沼晋太郎/
井上文雄/佐藤李青/住友文彦

詳細はCAMPのサイトをご覧ください。
http://ca-mp.blogspot.com/2010/05/100522.html


藤井光|《宮下公園》リアリティーツアー
電車に乗って宮下公園までみんなで行ってみる。公園ではアーティストのいちむ
らみさこさんと待ち合わせ。彼女と一緒に公園を散歩してみる。すると、地域や
コミュニティーとかメディアだとかアートだとか話しているアワープラネット
TVの人たちとremoTokyoの人たちに遭遇する。こんにちは。そこで、彼・彼
女たちの話し合いに耳を傾けるのもいいだろうし、公園で遊んでいてもいい。自
由時間。それから、公園を離れ、電車に乗って戻ってくる。午後6時、ただい
ま。雨の場合は中止。無理しない。

【日 時】2010年5月22日(土)14:30出発
【集 合】アサヒ・アートスクエア(1F入り口)
【参加費】無料(往復交通費460円が必要になります。)
【公園ガイド】いちむらみさこ(アーティスト)
【メディエーター】藤井光(美術家・映像ディレクター)

【協力】A.I.R Miyashita Park/OurPlanetTV/remoTokyo

いちむらみさこ:http://kyototto.com/books/misako
A.I.R Miyashita Park:http://airmiyashitapark.info/wordpress/
OurPlanetTV:http://www.ourplanet-tv.org/
remoTokyo:http://www.remo.or.jp/ja/2009/1115-345.html


岩井優|《浅草寄合衆》
都会の中で、たまに農地があると驚くような、ほっとするような気持ちになる。
別に実家が農家というわけではないのだけど。緑が少ないといわれる東京で、耕
作することは可能なのだろうか?僕らが普段通る道を農道のように、僕らが踏み
しめているアスファルトの下を意識するように、街を歩く。寄り合って、都市の
農業(Urban agriculture)を夢想する。

【日 時】2010年5月22日(土)16:00出発
【集 合】アサヒ・アートスクエア(1F入り口)
【定 員】6名(先着順)
【参加費】無料
【持ち物】デジカメ、ビデオカメラなど
【申込先】aas(at)survivart.net ※(at)を@に変えて送信してください。


山城大督|《ライフ/ハッキング》実践 – #1 トーキョー・ナイト・クルージング -

アサヒ・アートスクエアから出発するクルージング・ピクニック。
東京湾に注ぐ一級河川 墨田川を水上バスで下り、海抜0mからの「ライフ/ハッ
キング」を実践する。ナイト・クルージングと称したリサーチツアーへ、出発!

【日 時】2010年5月22日(土)18:00~21:00
【集 合】アサヒ・アートスクエア(1F入り口)
【定 員】6名(先着順)
【参加費】無料(別途船乗料金1500円程度)
【プラン】浅草~浜離宮~アサヒ・アートスクエア(予定)
【参 考】http://www.suijobus.co.jp/
【持ち物】デジカメなど
【申込先】yamashirodaisuke(at)gmail.com
     ※(at)を@に変えて送信してください。
[PR]
by ayya-i10x | 2010-05-22 02:15 | - Survivart

4/25(日)アサヒ・アートスクエアにて12時間トーク開催

アサヒ・アートスクエア・パートナーシッププロジェクト2010
『東京生活転回法-How to invert urbanism(仮)』
http://asakusa.survivart.net/
a0034005_22142314.jpg


 振り返ると、戦後日本では「転換期」と言えるさまざまな場面がいくつかありました。高度成長、社会・学生運動、バブル期やバブル崩壊など。その都度生活は影響を受け、表現も移り変わりました。
現在の日本では何を転換期の徴とみることができるでしょうか。不況?政権交代?GDPが中国に抜かれること?ネットの浸透?いくつもの要素が交錯し、どれか一つを特定し指し示すことは難しいでしょう。けれど、それらが私たちの生活に影響を及ぼしていることは確かなことです。
 今回の企画は、そういった有形無形の影響の中、私たちが暮らす東京という都市で、オルタナティブで批評性のある都市の使い方を、各作家とともにつくりだす試みです。例えば、現在の都市生活にはさまざまなサービスやシステムが見られます。それらを受け手としてだけではなく、自ら組み替え、「都市生活」を転回していくための方法を、東京・浅草界隈で繰り広げていきます。
 本企画は各作家が10月中旬の展覧会期間までに、毎月「事」を起こしながら進めていく、各作家のプロジェクトが集まったものと言えるかもしれません。そのため、プロセスの共有をはかる場をつくり、毎月(予定)プレゼンテーションやトークを行いながら進めていきます。場合によっては、当初のプランとは異なる結果になるかもしれません。

日 時: 2010年10月9日(土)~17日(日)
場 所: アサヒ・アートスクエア
参加者: 岩井優、藤井光、山城大督、CAMP
主 催: Survivart/アサヒ・アートスクエア
協 賛: アサヒビール株式会社
提 携: すみだ川アートプロジェクト


●事前関連イベント1回目
「東京生活転回法(仮):キックオフ!12時間トーク」
日 時: 2010年4月25日(日)集合10:00~解散22:00、途中入退場自由
会 場: アサヒ・アートスクエア
料 金: 入場無料(1ドリンクオーダー制)※1食300円程度の軽食あり
出 演: 岩井優、藤井光、山城大督、CAMP、長内綾子(Survivart)、
     樋口貞幸(NPO法人アートNPOリンク)ほか

この日はアサヒアートスクエアの開館から閉館まで、会場使用可能時間の12時間をフルに使って、キックオフイベントを開催します。
Survivartによる東京生活転回法(仮)の企画プレゼンテーションのほか、参加作家やコーディネーターがそれぞれの関心事や作品プランについて、ゲストや来場者の皆さんと共に対話を重ねます。
ただし、決まっているタイムテーブルは、最初のオリエンテーションと最後の撤収作業のみ。それ以外は、出演者(+ゲスト)による持ち時間90分ごとのプレゼンテーショントークが順次行われますが、時間の区切りは曖昧で、横道に逸れることもあれば、一周して再び論点に着地することもあるかもしれません。ランダムでありながら地続きの<12時間>を、どのように編集し、そこに参加するかはあなた次第です。

※来場者の皆さんにも午前10時の集合後、会場の場作り(設営)から一緒に行っていただきますので、当日は動きやすい格好でご来場下さい。

◎タイムテーブル決定!!
※各トークは90分程度、トークとトークの間は15分休憩あり
10:00〜 オリエンテーション&会場設営|Survivart
11:00〜 トーキョーが、こわい。|樋口貞幸
12:30~ ソウル生活転回法|長内綾子
14:15~ 自分たちで新しい何かを始めること|CAMP
16:00~ 螺旋の先にうえる種|岩井 優 × 足立 元
17:45~ 《ライフ/ハッキング》考察|山城大督 × 服部浩之 and more!!
19:30~ 報復のメディア|藤井 光
21:00~ まとめと次回についてのディスカッション
21:30〜 撤収作業:全員

ゲストの詳細などは、サイトをご覧ください。
http://asakusa.survivart.net/

たくさんのご来場、心よりお待ちしております!
[PR]
by ayya-i10x | 2010-04-22 22:16 | - Survivart

京都のみなさんありがとう!

京都芸術センターで行ったSurvivartのイベント「ピンポン・クリティック」にご来場いただいたみなさん、ありがとうございました!最小限の力とお金でやったとは思えない、充実したイベントとなりました。これもひとえに、参加していただいたアーティストのみなさん、京都芸術センターのみなさん、そしてご来場いただいたみなさんのおかげです。今回の仕組みをもうちょっとうまいことオーガナイズすると、より意味のあるイベントに作り上げていけるのではないか、と自分でも楽しみです。とにもかくにも、皆さま、本当にお世話になりました!
a0034005_1347420.jpg

小泉明郎さんの作品上映中の様子
a0034005_13503645.jpg

ピンポン中!
a0034005_1351282.jpg

終盤はかなり真面目にトーク。しかしこれはこちらの準備不足でしたね...反省。笑

私は来年1月にもまた京都に行きます!ぜひみなさん、またお会いしましょう!
しかし京都は食べ物がおいしいかったな。
[PR]
by ayya-i10x | 2009-10-04 13:45 | - Survivart

Survivart(サバイバート) in 京都芸術センター!

気が付けば、約一年ぶりのSurvivart企画となってしまいましたが、久しぶりのイベントは、京都で行います!というのも、今年のはじめ、京都芸術センターの会場使用公募にSurvivartで応募した企画が、みごと通りまして、なんと9月末の平日2日間、センター内にある体育館をリノベしたフリースペースをお借りできることになりました。

イベント名は「ピンポン・クリティック」。京都ならびに大阪・神戸にお住まいの、アーティスト・ギャラリスト・批評家・美術関係者の皆様、ぜひとも当日、京都芸術センターへお集まり下さい!


-----以下、転送・転載大歓迎

「ピンポン・クリティック」
東京を拠点に活動するSurvivart(サバイバート)による、初の関西出張企画!
若手アーティストの映像作品上映に加え、卓球トークの二日間!
汗を流して血行促進!交流促進間違いなし!

a0034005_2239638.jpg

2005年より東京を中心にトークイベントや展覧会を企画してきたSurvivart(サバイバート)が、初の関西進出プロジェクト「ピンポン・クリティック」を開催します。
若手アーティストの映像作品上映に合わせ、東西の表現者・観客が入り乱れ、卓球で汗を流し合う交流エクササイズの2日間。
再会を誓えるコミニュケーションが生まれることを目指します。この出逢は未来へのサーブ。そして東西アートの化学反応を引き起こすレシーブへと交流のラリ—は続くのか?何かがはじまるファーストステージに、是非、お誘い合わせの上ご参集下さい!

日時:2009年9月30日(水)-10月1日(木)
   14:00-18:00 ビデオ・スクリーニング
   18:00-20:00 ピンポン・クリティック

会場:京都芸術センター フリースペース
   〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
   阪急京都線「烏丸(からすま)」駅、京都市営地下鉄「四条」駅より徒歩約5分。
   最寄出口=22番出口

参加方法:
予約不要・入場無料。卓球ラケット、上履きをお持ちの方は持参願います!

ゲスト:
Antenna、増本泰斗、contact Gonzo、林勇気、井上文雄(CAMP)
その他、若手アーティスト、美術関係者多数参加予定!

スクリーニング参加アーティスト(確定!計11組!):
・Antenna http://www.antennakyoto.com/
・岩井優 http://masaruiwai.exblog.jp/
・海老原優 http://www.yuebihara.com/
・栗原良彰 http://kuribaramorimoto.blogspot.com/
・小泉明郎 http://meirokoizumi.com/
・contact Gonzo http://contactgonzo.dtiblog.com/
・田口行弘 http://yukihirotaguchi.com
・林勇気 http://www1.odn.ne.jp/tropfen/kanyukuyuki/
・藤井光 http://www.hikarufujii.com
・増本泰斗 http://www.yasutomasumoto.com/
・山下麻衣 + 小林直人 http://www.yamashita-kobayashi.com/

最新情報はSurvivartのウェブサイトをご覧下さい。
http://survivart.net/

主催:Survivart(サバイバート) TEL 090-2430-0580
共催:京都芸術センター
協力:明倫体育振興会
[PR]
by ayya-i10x | 2009-09-30 14:06 | - Survivart

ビールを飲みながら気楽に語る「アートと経済」4/26開催

Survivartが今年から取り組み始めた企画、それが「ドキュメンタリー・ムービー・プロジェクト『Art and Money』です。
そのため、先月は韓国へ、今月初めには都内で開催中だったアートフェアを取材していました。なんと5年もかける予定なので、まだまだ始まったばかりですが、時間は止まってはくれないので、仕事の合間に時間をみつけて、これからも取材に勤しみたいと思います。
今回の企画はプロジェクトとなっているように、単に私たちが取材して終わるのではなく、色々な人たちと共に協働することも目的の一つとなっています。一緒に取材に行ったり、ビデオの編集や資料の整理などなど、関わり方は様々なので、興味のある方はお気軽にご連絡下さい。

a0034005_2562669.gif


ドキュメンタリー・ムービー・プロジェクト「Art and Money」
第一弾企画:ビールを飲みながら気楽に語る「アートと経済」


3月に行った韓国・ソウルでのアート市場についての取材や、4月に東京で行われたアートフェアのインタビュー映像の上映を行ないます。後半は、ビールを飲みながら気楽に語る「アートと経済」。
ドキュメンタリー・ムービー・プロジェクト「Art and Money」を題材に気軽に芸術とお金について意見交換をしましょう。アートに興味がある方も、経済に興味のあるかたも、どちらもちょと苦手と言う方も、是非お気軽にご参加下さい。お待ちしております。
※当日は、無人島プロダクションから絶賛発売中のアーティストDVDを、会場にて販売致します。

  CAMP: 080424-0503【 TALK: 0426 】
  日時:2008年4月26日(土)19:00〜21:00
  会場:Ottomainzheim Gallery(東京都中央区八丁堀3-11-9B1)
  定員:30人(予約制) 参加費:1,000円(1ドリンク付)
  ゲスト:藤城里香(無人島プロダクション)
  ≫ご予約はこちら


にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
by ayya-i10x | 2008-04-16 03:05 | - Survivart

韓国に行ってきました

およそ1年半振りに韓国に行ってきました。前回は取材ではなく光州ビエンナーレを見たりする程度だったので、よくわからなかったのですが、取材という形でおよそ3年振りに訪れてみると、韓国アート界はかなり変化が急速に訪れていたようです。
詳細はSurvivartのブログに岩井氏が記入してくれた記事をご覧下さい。
韓国取材2008春

日本に帰ってきたら、円高で1ドル96円まで上がっていてびっくりしましたが、円が高いというよりドルが安くなっているだけなのですね。景気が後退すれば、企業による文化・福祉方面への助成活動がにぶくなるのは当然で、アート関係への助成行為も減ってくるのでしょうね。先ほどロイターでみつけた、以下の記事も人ごとどころかもろに関係してます。
不安広がる米金融業界、NPOや慈善団体にも余波

景気は浮き沈みを繰り返すものだとわかってはいても、これだけグローバル化が進み流動性の高い世界経済化にあると、地球の裏側の出来事も明日の我が身に影響を及ぼすとなっては、無視できない事柄です。

とはいえ、全く権力とはほど遠い位置で生活している私には、何をどうすることもできないのも事実なので、権力を持っているみなさんは、しっかりと未来を見据えた行動をお願いしたいものです。
[PR]
by ayya-i10x | 2008-03-18 22:45 | - Survivart

2/28(木)は八丁堀に集合!

ブログ久々更新です。

ゲストだけでも、14組!お客さんより多かったらどうしよう...というイベントのご案内です。東京(に限らず)をおもしろくすることに興味のある方は、必ず参加しましょう。笑
Survivartの岩井優久しぶりのソロ・エキシビションも同時開催です。
a0034005_2343483.jpg



■■ CAMP: 080228-0308【 PRE-TALK: 0228 】
■■ 文化的参加(Cultural Participation)
■■ http://mot8.exblog.jp/7211645/#0228


<ゲスト>
Art Center Ongoing(小川希)
art drops(尾角朋子、金子きよ子、谷山亜紀子、土井慶子)
IAV(栗山斉)
Survivart(岩井優、長内綾子)
Tokyo Art Beat
wah(南川憲二)
αMプロジェクト(荒木真美恵、相曽晴香)
芦立さやか(コーディネーター)
橋本誠(アートプロデューサー)
黄サンサン(キュレーター)
緑川雄太郎(雑芸員)
山口祥平(千葉大学大学院博士課程在籍/プロジェクトコーディネーター)
山本紀子(webデザイナー/森美術館非常勤スタッフ)
吉崎和彦(キュレーター)

「今いる場所(例えば、東京)は、面白いですか?」「どこが面白いですか?」「どこが面白くないですか?」「どうなれば面白いですか?」「どうすればもっと面白くなりますか?」ということについて、とってもフランクに(でも、真面目に)話し合います。
タイトルは『DEMOCRACY: A project by Group Material』の中から流用しました。

日時:2008年2月28日(木)20:00〜23:00
定員:30人(予約制) 参加費:無料
会場:Otto Mainzheim Gallery(東京都中央区八丁堀3-11-9-B1)
地図:http://mot8.exblog.jp/7239803/

予約方法:以下のページをご覧下さい。
http://mot8.exblog.jp/7233590/


■■ CAMP: 080228-0308【 EXHIBITION: 0228-0308 】
■■ 岩井優:Cleaner's high #1 -Hatchobori- memory
■■ http://mot8.exblog.jp/7211645/#EXHIBITION


期間:2008年2月28日(木)〜3月8日(土)
時間:12:00〜20:00(土日は19:00まで/2月28日は17:00から)
入場料:無料(予約不要)

マラソンを長時間走り続けると気分が高揚してくる作用をランナーズ・ハイとよぶように、岩井優は清掃/浄化という行為から本来の目的を失った状態へと繋がることを、クリーナーズ・ハイと名付けます。掃除をしてふと気がつけば長い時間が経ってしまっていたり、床を磨いていたら磨くことそのものが目的になってしまったり……。
「クリーナーズ・ハイ」シリーズ、記念すべき第1回目の本展では、作家が旅先で見つけた洗剤のコレクションと洗剤を用いたインスタレーション<memory>を展示します。



★他にも様々なイベントが連日連夜行われます。
ぜひサイトをチェックしてみて下さい。

MUSEUM OF TRAVEL
http://mot8.exblog.jp/



にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
by ayya-i10x | 2008-02-20 23:05 | - Survivart

横浜・ZAIMにてお待ちしております!

横浜トリエンナーレ2005で川俣正ディレクターとともに、キュレーターとしてご活躍された、芹沢高志さん(P3)と、東京都現代美術館で来年2月から始まる川俣正[通路]展を企画中の住友文彦さん(学芸員)をゲストにむかえてのトーク、いよいよ明日開催となりました。

予約特典付きの予約は12/14迄ですので、まもなく締め切りますが、予約無しでのご参加も全然OKです!
ぜひ、本日午後5時からのサバイバート・カンバース@横浜・ZAIMにご来場ください。

偶然にもゲストのお二人のことを書くと、川俣正という一人のアーティストの名前が共通して関わっているというあたり、本当に狙ったわけでないのですが...明日のトークでも話題に上るかと思います。

●イベント詳細
http://survivart.net/nextevent/

●予約フォーム(12/14締切!!)
http://survivart.net/contact/reserve.html

にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
by ayya-i10x | 2007-12-14 23:38 | - Survivart


サイト*885*のFeverをblogで。


by ayya-i10x

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
- Profile
- Survivart
- Project
- Exhibition&Event
- Dance&Stage
- Movie&Music
- Food&Drink
- Other
- Berlin
- Barcelona
- London
- Korea
- Hangul(한글)

ブログパーツ

ライフログ










フォロー中のブログ

函館望郷ブログ Life...
かつては、ハケン生活者
Report 藤浩志企画制作室
うちの食卓 Non so...
科学者の感性
ウラゲツ☆ブログ
直島カフェ まるやのこん...
【こぐれ日乗】by 小暮...
周家の食卓
ニューヨークの遊び方
たべられる文章
smacks dialy
KOSUGE1-16の日誌
日々是写真
部屋を出る。
npo S-AIR エスエア
イノレコモンズのふた。
アート・オウトノミー・ネ...
spazieren
北海道美術ブログ(札幌圏...
MUSEUM OF TR...
天神芸術学校2006 川端校
かんざし娘日記
英語でブログ、Blog ...
MemoRandom
アートとビジネス
art blog VOI...
Nikkiiiiiii ...
そんなにみつめないで
Survivart Ne...
art drops
日菓のあれこれ
いわいさんちweb
アートNPOリンク
関美穂子
[通路]BLOG
MUSEUM OF TR...
about the me...
Documentary ...
grow up! Dan...
中崎透遊戯室/NAKAZ...
Midori Art C...

外部blog&link

最新のトラックバック

ソウルでの展覧会「Re:..
from *885* Fever
『ヨコハマメリー』 白き..
from *モナミ*
久々のSuperDeluxe
from *885* Fever
映画「ヨコハマメリー」
from 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の..
お金の教育
from 団塊世代の父へ贈る★定年退職..

以前の記事

2012年 09月
2012年 06月
2012年 02月
2011年 03月
2011年 01月
more...

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧