カテゴリ:- Berlin( 25 )

ベルリン:回想メモランダム

a0034005_12590.jpg長々と続いた写真レポのアップもこれで終わりです。アートについては、色々書けるほど踏み込んで取材をしていないので、今回のまとめには入れません。いつかまた訪れた時にチャレンジしたいと思います。


●朝からカフェ
朝9時過ぎにカフェに行くと、若者や30代くらいの人、赤ちゃんと母親、家族連れなど、様々な人たちが思い思いの時間を過ごしている。みんな仕事は?と聞きたいところだが、そののんびり加減にこちらも穏やかな気持ちになれた。
カフェの店員さん達は、みんなよく働く。私がメニューのドイツ語が読めないと伝えると、英語がさほど話せなくても一生懸命説明してくれる人もいた。今回私が出会った人たちはみんな親切で、ちっとも嫌な思いをすることもなかった。

●昼が長い
ベルリンは日が長い。まだ4月だというのに午後8時頃が夕焼けの時間帯だった。おかげでまだ歩けるぞ、と思わせてくれるし、なんだか得した気分。そして街が静かなのもなんとなく新鮮だった。広告宣伝用のモニタやスピーカー等が通りにないので、繁華街でも鳥のさえずりがきこえる。日本はなぜあんなにうるさいのだろう。

●子どもと犬
どこでもとにかく子どもを見かける。乳母車に乗った赤ちゃんと母親の姿も多いし、小学生もわんさか出会う。ベルリンの出生率ってどのくらいなのかな。
そして犬がこれまた多い。犬を飼うと政府の補助金がもらえる?らしい。ということもあってみんな犬を飼うのだろうか。そして散歩時の糞の始末はしなくてもいいようだ。なので歩くときは要注意。笑

●喫煙文化
日本よりも喫煙率は高いかも知れない。禁煙席というのはあまり存在しないらしい。たいてい旅行に行くとタバコを吸う本数が減る私だが、ちっとも減らず仕舞い。ちなみに自動販売機で売っているタバコは4ユーロと少々高めなので、巻きたばこを吸う人が多かった。

●食べ物、飲み物
食べ物の量が多い!たいてい2人前くらいあるので一人だと残すことになる。カフェの朝食メニュー(バター・チーズ・ハム・野菜・ヨーグルト・ジャム・フルーツの盛り合わせとバケットのセット)はどの店でもおいしかった。特にバターがおいしい。日本で言うところの発酵バターのような感じ。ビールはたぶん毎日飲んだ。あの少し濁ったビールは、香りがすごく良くてホントにおいしかった。悪酔いしている人を見かけないなぁと思って田口くんに訪ねたら、こっちの人たちはたいてい2杯ほどしか飲まない、とのこと。日本人や韓国人のアルコールの飲み方は、むしろおかしいのかもしれない、と逆に思わせられた次第。

●公共交通網
バスは24時間運行、電車も金・土は24時間運行になるそう。なのでタクシーの数が極端に少ない。おかげでこちらは移動にお金がかからず大助かり。バス・電車・メトロ(路面電車)を使えば、たいていどこにでも行ける。ただ、電車の場合、終点駅の名前しか出ないので、行き先を確認しないと乗れない。個人的には、のんびりスムーズな走りで外の風景も楽しめるメトロがオススメ。

●移民あるいは他民族国家について
これは、まだ感じている段階。もう少し調べて知識が増えたら考えてみたいと思います。
[PR]
by ayya-i10x | 2006-04-27 01:02 | - Berlin

その他、一般的ベルリン情報

もうそろそろアップする写真も無くなってきました。よしよし。
ということで、一般的な観光情報をば。

■フランデンブルク門
観光地に来たなぁ!という気分になれます。
a0034005_23175515.jpg

a0034005_2318772.jpg


つづき
[PR]
by ayya-i10x | 2006-04-26 23:31 | - Berlin

ベルリンのシアター(パフォーミング・アーツ)情報。

といって、も私が今回の旅行で行くことができたのは、HAU3というシアターのみ。もっと時間があればなぁ...

場所はユダヤ博物館と同じ駅、Hallesches Torにある劇場でHAU1~3まで三つの劇場がある。私が行った日、HAU1は休館、HAU2はブラジル系ヒップホップ、HAU3はドイツのコンテンポラリー・ダンス、とのことだったので、HAU3での公演チケットを購入した。チケットはHAU2の建物にあるボックス・オフィスにて購入可能。ここにはカフェも併設されている。

HAU3はHAU2の向かいにある建物奥の4回。階段を上ると、バーカウンターになっており、観客達は開演までビールやコーヒーを飲んで過ごしていた。この日のプログラムはIRREというグループの「TWO FISH」。20代〜30代と思われる男性5人+女性4人による、演劇とダンスの中間くらいの舞台。途中セリフもかなりあり、回りの観客達は結構笑っていたが、ドイツ語のわからない私は、ちんぷんかんぷん。でもなぜか、チェルフィッシュを思い出した。
ホントは、ダンスが観たかったのだが...ま、次回のお楽しみ、ということで。

HEBBEL AM UFER – HAU 1: Stresemannstr. 29 / 10963 Berlin
HEBBEL AM UFER – HAU 2: Hallesches Ufer 32 / 10963 Berlin
HEBBEL AM UFER – HAU 3: Tempelhofer Ufer 10 / 10963 Berlin
http://www.hebbel-am-ufer.de/
a0034005_22254950.jpg


ベルリンのダンス情報は、主要劇場に置いてある「Tanz raum Berlin」というフリペをみたり、以下のサイトあたりでチェックできるようです。
http://www.tanznetz.de/en/

その他、主要劇場は以下。
Volksbühne am Rosa-Luxemburg-Platz(フォルクスビューネ)
http://www.volksbuehne-berlin.de/

DIE SCHAUBUDE Puppentheater Berlin(シャウビューネ)
http://www.schaubude-berlin.de/

Die Sophiensæle(ゾフィエンゼーレ)
http://www.sophiensaele.de/

ちなみに、ベルリン旅行前夜、世田谷パブリックシアターで行われたドイツ人コレオグラファー、ヤン・プッシュ氏の「match*マッチ」を見に行ったら、会場で「現代ドイツのパフォーミングアーツ」という本が売っており、即購入。未だ全然読んでませんが、かなり参考になるかと思います。
[PR]
by ayya-i10x | 2006-04-26 22:43 | - Berlin

猫と彼女のすみか

a0034005_21574377.jpg

私好みのかわいらしい顔。

More Photo
[PR]
by ayya-i10x | 2006-04-26 21:58 | - Berlin

田口くんの展覧会「chews」へ

a0034005_2143510.jpg

a0034005_2182082.jpg

写真は展覧会2日目の様子。(笑) なんとものんびりです。
この日はちょっとしたパフォーマンスをするというので、撮影をしに伺いました。
きっと、今週27日のクロージングにはたくさんの人で賑わうんでしょうね!いいなぁ。

chews---open studio vom 14. - 27. April
Öffnungszeiten: Do - Sa, 15-19 Uhr und nach Vereinbarung
closing party: 27. April ab 19 Uhr

Die Ausstellung als Vorbereitung für die Ausstellung in August '06: Zeichnungen, Performance, Installationen

Galerie ZeKuSchEx (Zentrum für Kunst Scheiternden Existieren)
Adresse: Lübbener Str.23 10997 Berlin Deutschland
U-Bhf: Schlesisches Tor (U-1)
Tel: +49 030-6174-2960

More Photo
[PR]
by ayya-i10x | 2006-04-25 21:10 | - Berlin

ハンブルガー・バーンホフ

名前の通り(バーンホフ=駅)、1847年に駅として作られた建物。そこに、ベルリンの国立美術館の現代美術専門館として1996年にオープンしたそう。入り口から見える建物の他に、長い倉庫のような建物にも直結していて、展覧会場はかなり広い。
常々、キーファーの作品が見たい!と思っていたので、入って早々に観ることができて感動。ブックストアもかなり充実していて、ディスカウント品の中にも結構いい作品集があった。カフェも広くてなかなか居心地良し。
常設展のカタログには、スーザン・ソンタグ氏の文章が掲載されていた。まさか遺稿!?と思ったら、結構前に書かれた文章だったので今回は購入せず。

Hamburger Bahnhof - Museum für Gegenwart - Berlin
Invalidenstraße 50- 51 · 10557 Berlin
http://www.hamburgerbahnhof.de/

a0034005_20411238.jpg

a0034005_20412643.jpg

a0034005_20413913.jpg

[PR]
by ayya-i10x | 2006-04-25 20:41 | - Berlin

ホワイト・アスパラ

Hotel Yukiにお世話になることになり、何か料理でも作るつもりだったのだが...

先日一緒にお花見をした函館の友人の彼に、ドイツに行くなら今はホワイト・アスパラだよ!と言われれたことを思い出し、Hackescher Marktに出ていた露天商のおじちゃんのところで買ってみた。買ったはいいけれど、どうも食べてみたい!という気持ちにならず、なんとなく撮影。いろんな角度で撮ってみました。笑

結局この日は田口くんのオススメのオーストリア料理屋さんで晩ご飯。
あのアスパラは、今頃彼の部屋の窓際で少しずつ少しずつ朽ちながら、岩井くんが来るのを待っていることでしょう。

食べ物を粗末にしてごめんなさい。
a0034005_251243.jpg

a0034005_2513574.jpg

[PR]
by ayya-i10x | 2006-04-25 02:51 | - Berlin

アニマル・サーカス

旅行前、ここにも書いたように、サーカスが観たいと思っていた。するとある日、道端でサーカスの看板を発見。さっそく場所をメモって行ってみることにした。
開演は4時とあったけれど、ひとまずチケットだけ先に買っておこうと、お昼過ぎにサーカステントに向かった。チケット売り場の窓口には、英語の話せない女の子がおり、若干説明に四苦八苦しつつ、とにかく一番高い席のチケットを売ってもらった(確か10ユーロ)。

その後、再びテントの前に来てみると、たくさんの小さな子ども達とその母親がいて、なんとなく安心する。しかし!私の買ったチケットの席は、その親子連れに占領されていて、結局私は後ろの方のパイプ椅子に着席。親子連れはみんなたくさんのお菓子やフルーツを持参し、とにかく食べまくっている。その光景がなんとも不思議。

さていよいよ始まるかな、と思いきや...なんとアニマル・サーカスだった...
ただでも寒いテントの中、まさか最後まで動物ネタ!?とだんだん不安になっていく私をよそに、親子連れはみんな結構楽しんでいた。

結局、ウマ、ロバ、ポニー、犬、猫、羊、ラマ?、ヘビのショーでした。
きっとあの親子連れは、近所の幼稚園児が招待されていたんだと思う。つまりチケットを購入して入ったのはきっと私だけ...ま、そういうこともあります。

このサーカス団は、団員が40代の女性(メイン)が一人、30代の男性が一人、あとは10代の女の子が3人という小さなもの。あの状況で生活できているのだろうか...と全然関係ないことを考えながら、テントを後にしたのでした。

a0034005_27774.jpg

a0034005_272162.jpg


More Photo
[PR]
by ayya-i10x | 2006-04-25 02:27 | - Berlin

ベルリン:イーストサイドギャラリー

はい、忘れないうちにベルリンレポも、どんどんアップ!

イーストサイドギャラリーは、ベルリンの壁崩壊後、世界中から集まったペインター等が絵を描いたもの。旧東ドイツ側の壁だそう。
1990年に描かれ、数作品だけは2000年に再度描かれた、もしくは塗り直しをしているらしい。しかし大部分はペンキが剥がれ落ち、落書きも相当あって見るに堪えない状況になっていた。日本人として恥ずかしくなるようなものもあったりして...ちょっと残念。

a0034005_1513152.jpg

a0034005_151514.jpg


More Photo
[PR]
by ayya-i10x | 2006-04-25 01:52 | - Berlin

開発好明さん(アーティスト)インタビュー

ベルリン訪問4日目に、現在 Kuenstlerhaus Bethanien(ベタニアン)にレジデンス中の開発好明さんにインタビューを行った。テーマは、「アーティスト・イン・レジデンス」について。
開発さんといえば、「Thank you @rt の日」でもおなじみ。正味1時間のインタビューに加え、その後カフェでもうっかり長話となり、とても楽しい時間を過ごさせて頂いた。
詳しい内容については、5月末に開催予定の、サバイバート・カンバース(サバカン)にてビデオ上映予定。

開発さん、貴重なお時間、ありがとうございました!


開発好明さんのオフィシャルサイトは以下。
http://www.fads-artspace.com/kaihatsu/
http://blogs.yahoo.co.jp/kaihatus73

Kuenstlerhaus Bethanien GmbH
Mariannenplatz 2 D-10997 Berlin
http://www.bethanien.de/

a0034005_17271170.jpg

a0034005_1727395.jpg


More Photo
[PR]
by ayya-i10x | 2006-04-21 17:28 | - Berlin


サイト*885*のFeverをblogで。


by ayya-i10x

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
- Profile
- Survivart
- Project
- Exhibition&Event
- Dance&Stage
- Movie&Music
- Food&Drink
- Other
- Berlin
- Barcelona
- London
- Korea
- Hangul(한글)

ブログパーツ

ライフログ










フォロー中のブログ

函館望郷ブログ Life...
かつては、ハケン生活者
Report 藤浩志企画制作室
うちの食卓 Non so...
科学者の感性
ウラゲツ☆ブログ
直島カフェ まるやのこん...
【こぐれ日乗】by 小暮...
周家の食卓
ニューヨークの遊び方
たべられる文章
smacks dialy
KOSUGE1-16の日誌
日々是写真
部屋を出る。
npo S-AIR エスエア
イノレコモンズのふた。
アート・オウトノミー・ネ...
spazieren
北海道美術ブログ(札幌圏...
MUSEUM OF TR...
天神芸術学校2006 川端校
かんざし娘日記
英語でブログ、Blog ...
MemoRandom
アートとビジネス
art blog VOI...
Nikkiiiiiii ...
そんなにみつめないで
Survivart Ne...
art drops
日菓のあれこれ
いわいさんちweb
アートNPOリンク
関美穂子
[通路]BLOG
MUSEUM OF TR...
about the me...
Documentary ...
grow up! Dan...
中崎透遊戯室/NAKAZ...
Midori Art C...

外部blog&link

最新のトラックバック

ソウルでの展覧会「Re:..
from *885* Fever
『ヨコハマメリー』 白き..
from *モナミ*
久々のSuperDeluxe
from *885* Fever
映画「ヨコハマメリー」
from 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の..
お金の教育
from 団塊世代の父へ贈る★定年退職..

以前の記事

2012年 09月
2012年 06月
2012年 02月
2011年 03月
2011年 01月
more...

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧