カテゴリ:- London( 7 )

ひとまず

ここまでで、ロンドンは終了。短い!笑
ロンドンの印象・・・あまり残っていないのが正直なところ。街並みはもちろん美しいなとは思うけれど、今回はイギリス在住者との接点がない旅だったので、それ以上でも以下でもなし。

以下、少しだけ気になったこと、メモ。

フリーペーパー
夕方に繁華街を歩いていると、移民系の人たちが何人も街角に立っていて、フリーの夕刊を配っていた。渋谷でティッシュ配りの人たちに慣れているせいなのか、その時はなんの違和感も感じず仕舞い。無料で色々な情報を入手できるのはいいのだけれど、電車や道路に捨てられた新聞がわんさかあるのを見かけると、どうかと思う。
そういえば、飛行機に乗ったときもいつも思うのだけれど、ビジネスクラスのシートは、降りるときにゴミだらけで雑然としている。そんな時、日本人のマナーってやっぱりいいんだな、と思ったりする。

移民
インド系、アラブ系、東欧系など、とにかく色々な人種の人たちが生活しているロンドン。英語がもっとできたら、彼らと色々話してみたい。ちなみに、ロンドンのデパート、SELFRIDGESで、たくさんのムスリムの若い女性が買い物をしていたのが印象的だった。ちなみに女性物の服はかなりお高く、私には買えない値段だった...。
地下には、無印良品も売っていたけれど、日本で250円の商品が£2.5で売っているという感じの値付け。つまり、600円くらいになるわけだけれど、これが貿易というものか。笑

H&M
繁華街ではよく見かけるH&M。スウェーデン発のリアル・クローズ・ショップ。やたらと混み合っていたので、一応行ってみると、アメリカン・アパレルZARAを足したような感じ?かと。ドイツが一番大きなマーケットで、次いでスウェーデン、イギリスで売れているそう。確かに安いし、そのうち都内にも店舗ができるんだろうなぁ。
[PR]
by ayya-i10x | 2006-09-22 23:01 | - London

ロンドンでダンス

私が踊ったわけではなく、最終日の夜、「The Place Prize for dance 2006」のノミネート作家によるダンスを見にEustonへ行ってきました。これはThe Placeというコンテンポラリーダンスのためのシアターで毎年開かれている若手コレオグラファーの登竜門のようです。たまたま事前にネット検索でダンス公演を探していたら見つかり、宿からも近かったので行ってみたわけです。

会場はかなりの人が来ていて、なかなか開場されなかったため、ロビーは熱気ムンムン。やっと開場になったときも、係のスタッフの人が、詰めて座ってねとひっきりなしに叫んでいました。
この日は5組の振付家による公演があったのですが、一つの作品(約20分)が終わるごとに、舞台の照明や装置を変更するため、結局8時から始まった公演も終わったのは11時を過ぎていました。

それぞれ全然違う振付だったので、ある意味飽きることなく楽しめましたが、やはり若手だからなのか、完成度が低いなぁと思う作品もちらほら。ちなみに私が見にいった日の振付家は、ファイナリストには選ばれなかったようです。今週末には、今年の優勝者が決まるようなので、もしロンドン在住者で踊りに興味のある方がいれば、ぜひ行ってみて下さい。

a0034005_1440054.jpg


あとは、宿のすぐ目の前にあった、Roundhouseも、結構おもしろそうな公演がちらほらありました。ここはアートセンターのような感じなのか、スタジオが併設されていて、設備も充実のようです。私は残念ながら行けませんでしたが、「De La Guarda」のスタッフによる新しいパフォーマンス、「Fuerzabruta」が開催されていました。サイトを見てるだけでも楽しいので、実際に見たらきっとすごいことになってるんでしょうね。ちなみにDe La Guardaは、NYで1999年に初めて見ました。数年前、日本でも「Villa Villa」という公演名で来日公演があったので、その時も見にいきましたが、あまり楽しめず仕舞い。でもまぁ、その時サントラを購入できたのが、せめてもの救いでした。笑
Fuerzabrutaもいつか見にいきたいなぁ。

にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
by ayya-i10x | 2006-09-21 23:40 | - London

ロンドン三日目 ヘイワードギャラリーなど

前回の記事からうっかり日があいてしまって、どんどん薄れ行く記憶...。
9/7(木)、三日目は、朝から地下鉄にのって、south bankにあるHayward Garellyへ。「How to Improve the World - 60 Years of British Art」という展覧会の初日でした。£5のチケットを購入して中に入ってみると、けっこう広く、作品も色々な有名作品が一堂に会している感じで見応えがありました。
a0034005_13594974.jpg


その後、ロンドンアイ、ダリ美術館、ビックベン、バッキンガム宮殿などを横目にひたすら歩き、この日もGreen Parkの芝生に座ってランチ。恐るべき健全さ。笑
その後、Contemporary Art Societyが主催する、The Economist Plazaのファサードに展示されていたJulie Verhoevenの作品を見学。普通のビルなので、あまり人通りもなく、若干寂しい感じではありましたが、作品は作り込んであってかわいらしかったです。
a0034005_1402256.jpg

a0034005_1403566.jpg


More Photo
[PR]
by ayya-i10x | 2006-09-20 13:58 | - London

ロンドン二日目、TATE×TATE

9/6(水)、二日目は朝からTATE Britainへ。ブリティッシュ・アートのエリアを歩いていたら、ちょうど展示室の一角で展示替えの作業をしていました。日本ではなかなか見られない光景なので、しばらく遠巻きに観察。
その後、BANKのあたりに行き、外で昼食。この辺は、路地がたくさんあって、丁度お昼時だったこともあり、パブやレストランでは、オープンスペースで食事を楽しむビジネスマン達がわんさかいました。ビールやワインを飲んでいる人もけっこういて、うらやましい限り。日本もあんな雰囲気になったらいいのにな、と思いました。
その後、改修工事中のSt. Paul's Cathedralを眺めつつ、ミレニアムブリッジを渡って、TATE Modernへ。夜に美術館のアトリウムで開催される、映像の上映会「Districted」を予約していたので、チケットの交換だけして、いったん外へ。

まずは近所のUniversity college of the creative artsへ。「THE MINIATURE WORLDS SHOW」と題された展覧会が開催されていました。その名の通りの展覧会でしたが、なかなか好印象でした。その後、またまた近所のUNIONギャラリーへ。TOBIAS LEHNERというドイツの若手?作家のペインティングでした。立地が高架下なので、なかなかわかりづらいところにありましたが、中に入ると意外と広く、天上高もあっていい空間でした。ちなみに現在開催中の展覧会は、韓国人アーティストのグループショーの様です。日本でも何度か展覧会をしているクォン・オサンなどの名前もあり。私もこれ、見たかったなぁ。笑

で、再びTATE Modernへ向かい、常設展と企画展を見てきました。企画展はフランスの作家Pierre Huygheの「Celebration Park」という展覧会。常設展はお金がかかるためか、けっこう空いてましたが、展示はとってもおもしろかったです。
気がつけば、映像上映会「Districted」が始まる時間が近づいていたので、一路館内のアトリウムへ。ラリー・クラーク、マシュー・バーニー、マリーナ・アブラモヴィッチ等々、7名のアーティストが作った、エロビデオ。ではないのだけれど、結果的にはかなり普通にエロビデオ的なモノもあり、最後の作品のあたりでは、あまりにしつこくマスターベーションをしている映像が続いていたので、うっかり寝てしまいました。パッケージDVDも£20程度で発売になっている様なので、興味のある方はどうぞ。http://www.destrictedfilms.com/

http://www.tate.org.uk/
a0034005_1415821.jpg

にほんブログ村 美術ブログへ

More Photo
[PR]
by ayya-i10x | 2006-09-17 02:33 | - London

ロンドン初日は、観光チックに。

9/5(火)、朝早くに起床し、宿の近所のスーパーSainsbury'sで、パンとチーズ、ハムとハーブのリーブミックス等を購入。£の表示は一見安そうに見えるけれど、円に換算するとやはり意外と高い。でもまぁ味は前評判ほどひどくなく、おいしい朝食となりました。

さて、ロンドンで動けるのはたったの三日間ということもあり、事前にどう回るか決めていたのだけれど、宿で一緒になった女の子が、ナショナル・ギャラリーに行きたいというので、一緒に行くことに。でもあまり記憶に残っておりません。残念。

その後、行きたかったICAギャラリーへ。「SURPRISE SURPRISE」という展覧会が開かれていました。参加作家の名前だけ見るととっても豪華なのに、その作家らしからぬ作品を集めた展覧会、ということでした。
場所はナショナル・ギャラリーのすぐ近く。建物は結構古い感じでしたが、中はかわいくリノベーションされていて、ギャラリーの他にカフェ、シアターやスタジオ等もあり、充実の施設です。しかし写真を取り忘れ。

その後は、ピカデリー・サーカス周辺を歩いたり、カフェでお茶をしたりして、気がつけばもういい時間となっていたので、あっさり宿へ。この時点までで使った英語と言えば、イギリス入国の時に担当のおじちゃんにおきまりの質問をされて答えた程度...。英会話力はなくても平気なことにちょっとがっかり。

写真はナショナル・ギャラリー
a0034005_1235776.jpg

にほんブログ村 美術ブログへ

More Photo
[PR]
by ayya-i10x | 2006-09-16 01:39 | - London

ロンドン到着

9/4(月)、ロンドンのヒースロー空港到着。4月にベルリンに行った際もロンドン経由だったため、特になんの迷いもなく、入国審査まで進む。ここで、ありきたりの質問をいくつか受けて、手荷物を受け取り、出口へ。
まずは、Oysterカードを購入すべく、カウンターへ。£20をチャージしてもらってプリペイドタイプのカードを購入(カードのデポジットは£3)。これは東京でいうところのSuicaと同じ非接触タイプのカードで、普通に片道切符を購入するよりも笑えるくらい安い。詳細はこちら
a0034005_10414185.jpg

そして、いざChalk Farmの宿を目指して、Piccadilly Lineに乗り込む。窓からの風景が非常に印象的。かわいい家が並び、思わず途中下車したくなってしまうほど。
30分ほどで乗り換え駅に到着し、そこからNorthern Lineに乗り換えて無事にChalk Farm駅に到着。思っていた以上にのんびりした雰囲気。そこから徒歩3分ほどの宿にチェックインし、諸々説明を受けて他の滞在者の人たちに挨拶。
飛行機でほとんど寝られなかったので、軽くご飯を食べてシャワーを浴びそのまま就寝。
[PR]
by ayya-i10x | 2006-09-15 23:59 | - London

ロンドン&バルセロナより帰国

昨日、帰国しました。あっという間の10日間。
I really miss Barcelona and a lot of people I met. です。

最後の最後で、バルセロナからのBA機が出発遅延でロンドンからの帰国便に間に合わず、ANAに変更してもらったはいいけれど、待ち疲れがどっと出たのか、飛行機の中でトイレに行こうと通路を歩いていて失神するハプニングはありましたが、それだけバルセロナが濃かったというか(笑)。ANAのCAさん、ありがとうございました。とってもかわいらしい方でした。

ロンドンは、予定通りの旅で、とにかく美術館といくつかの大きなアートセンターを見て回ることに徹しました。宿も日本人の女の子向けの安いドミトリーだったので安全快適で、節約のために毎日サンドイッチを作って持って行くほどの健全ぶりでした。
a0034005_1822861.jpg

写真:乗ってないけど London Eye


それに引き替え、バルセロナ。到着したその日から3日連続朝まで踊りまくり大笑いしまくり、いったい何人の人と挨拶をしたのか、わかりません。笑
食べ物も空気も、全てがハッピーで、最後の夜は本当に美しい、大雨と雷が何時間も続きました。このまま明日の飛行機が飛ばなければいいのに、とちょっと思ったりして。
a0034005_1844999.jpg

写真:入ってないけれどガウディの Casa Mila

これから少しずつ、写真アップしていきます。
にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]
by ayya-i10x | 2006-09-15 18:07 | - London


サイト*885*のFeverをblogで。


by ayya-i10x

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
- Profile
- Survivart
- Project
- Exhibition&Event
- Dance&Stage
- Movie&Music
- Food&Drink
- Other
- Berlin
- Barcelona
- London
- Korea
- Hangul(한글)

ブログパーツ

ライフログ










フォロー中のブログ

函館望郷ブログ Life...
かつては、ハケン生活者
Report 藤浩志企画制作室
うちの食卓 Non so...
科学者の感性
ウラゲツ☆ブログ
直島カフェ まるやのこん...
【こぐれ日乗】by 小暮...
周家の食卓
ニューヨークの遊び方
たべられる文章
smacks dialy
KOSUGE1-16の日誌
日々是写真
部屋を出る。
npo S-AIR エスエア
イノレコモンズのふた。
アート・オウトノミー・ネ...
spazieren
北海道美術ブログ(札幌圏...
MUSEUM OF TR...
天神芸術学校2006 川端校
かんざし娘日記
英語でブログ、Blog ...
MemoRandom
アートとビジネス
art blog VOI...
Nikkiiiiiii ...
そんなにみつめないで
Survivart Ne...
art drops
日菓のあれこれ
いわいさんちweb
アートNPOリンク
関美穂子
[通路]BLOG
MUSEUM OF TR...
about the me...
Documentary ...
grow up! Dan...
中崎透遊戯室/NAKAZ...
Midori Art C...

外部blog&link

最新のトラックバック

ソウルでの展覧会「Re:..
from *885* Fever
『ヨコハマメリー』 白き..
from *モナミ*
久々のSuperDeluxe
from *885* Fever
映画「ヨコハマメリー」
from 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の..
お金の教育
from 団塊世代の父へ贈る★定年退職..

以前の記事

2012年 09月
2012年 06月
2012年 02月
2011年 03月
2011年 01月
more...

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧