人気ブログランキング |

<   2005年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

4月のサバカンゲストは村田真さん(美術ジャーナリスト)

村田さんとは、一度朝まで飲んだことありますが、とっても楽しい方です。笑
今回も、いろんなお話が聞けるように、おいしいお酒を用意しなくちゃ!?


Survivart β ver.004
ーお金とコミュニティに焦点をあてたプロジェクトー
Converse guest=Makoto Murata(Art journalist)

a0034005_23573098.jpg■サバイバート・カンバース(サバカン)
ゲスト=村田真(美術ジャーナリスト)
4月17日(日)午後6時〜(30分前より受付)
入場¥1000(1Drink+α)要予約
http://survivart.net/contact/



今年1月より始まったSurvivart(サバイバート)は、3ヶ月のプレ企画「βバージョン」も無事終了し、4月からは本格的に活動を行っていきます。
当初、β(ベータ)という言葉は、3ヶ月の実験期間のみに明記するつもりでしたが、これからも初心を忘れないために、使い続けていくことにしました。会場であるplanBのB(AではなくB)にあらわれているように、βだからそこ可能なこと、未完成でも続けることの大切さ、そして自由さを常に認識しながら、より多くの方々との協働の場を生み出していけたらと考えています。これまで3ヶ月間planBで行った、サバイバート・エキシビジョン(展覧会)と、サバイバート・カンバース(ゲストとの対話空間)は、引き続き年間プログラムとして来年3月まで毎月行い、それ以外にも様々なプロジェクトを立ち上げていく予定です。
本格始動の第一弾、4月のSurvivartβは、美術ジャーナリスト・村田真氏をゲストにお招きし、日本における美術界の構造や、ジャーナリズムとアーティストの関係、村田氏が目撃したアーティストの「サバイバル術」、そして執筆業の経済的な側面はどのようになっているのか、を中心に対話して頂きます。ぜひ、ご期待下さい。

※今月はカンバースのみの開催となります。
※現在、サバイバートでは、アートマネジメントやキュレーションに興味のあるスタッフを募集しています。詳細はメールにてお問い合せ下さい。

■サバイバートカンバース ゲスト=村田真
美術ジャーナリスト
1954年東京生まれ。ぴあ編集部を経て、朝日新聞、『地域創造』、インターネットマガジン「artscape」などに執筆。著書に『美術家になるには』、訳書に『絵との対話』、共著に『社会とアートのえんむすび』など。東京造形大学非常勤講師のほか、2004年横浜に誕生したBankART1929では、BankARTスクール校長も務める。

http://survivart.net
by ayya-i10x | 2005-03-31 23:56 | - Survivart

IMA selection「表現の水際2005」

芸大先端の卒業生および在校生の選抜展。会場は、今年の横トリでも使用することになっている、昭和2年に建てたれた古い赤煉瓦の建物です。
BankARTとは違い、リノベーション前の状態なのですが、それが逆に余白的に感じられて私でも何かここでやってみたいなぁと思わせる場所でした。作品のほうも、写真・映像・インスタレーションなどなど様々で楽しかったです。久々、あぁこれは好きだなと思う作品にも会えたし。
最近は、このくらいの規模が一番見やすいなぁ...。

●IMA selection Vol.1<表現の水際 2005>
会場:旧大蔵省関東財務局横浜事務所 横浜市中区日本大通34
会期:3月26日(土)〜4月10日(日)11:30〜19:30(会期中無休)
http://www.ima.fa.geidai.ac.jp/ima-selection/

主催:<表現の水際> 展実行委員会(委員長:木幡和枝)
共催:横浜市
後援:財団法人横浜市芸術文化振興財団
協力:BankART 1929
 *オープニングレセプション:3月26日(土)18:00〜20:00
 *アーティストトーク:4月2日(土)9日(土)14:00〜16:00
 *カタログ:ドキュメントカタログとして会期終了後に発行
by ayya-i10x | 2005-03-28 22:52 | - Exhibition&Event

The Bird

a0034005_2237438.jpgcoccoの最新本。というか、nanaco氏によるCD付き写真集だそう。
coccoの歌も入っていたらいいのになぁ。どうなんだろう。

The Bird (CD付写真集)
写真:nanaco  絵:Cocco
【7曲入りCD】 Music:The Bird

4月15日発売予定
■定価4980円(税込) ■B5横変型 ■詳 細 ■ISNB4-309-26832-3
http://www.kawade.co.jp/
by ayya-i10x | 2005-03-28 22:33 | - Other

最近の日韓情勢

一つの島を巡って、色々大変なことになっているようですね。
もちろん騒いでいるのは、日韓共に、政治的な問題に敏感に反応する方達なのかもしれませんが、今日の朝鮮日報のサイトは、あまり良くない印象の言葉ばかりが目につきます。

この島一つが問題ではないでしょうけれど、私の知っている韓国人の人たちは、みんなとっても友好的だし、逆に私の周りの日本人は、竹島なんて聞いたこともない人ばかりじゃないかな。私がこの島のことを知ったのは、1年くらい前でしたが、正直どうでもいい問題だったりします。いっそのこと2国で共有する島にすればいいじゃん?とか思ったりして。

政治家のすることが、その国の市民の代表ではないとわかってはいても、ニュースなどになるとうっかりそう思いがちです。例えば、今私はアメリカという国があまり好きじゃない。その感情はブッシュってどうなの?と思うところから来てたりして。でも普通のアメリカ市民と話す機会があれば、そんなのどこかにすぐ飛んでいってしまう感情なんだろうなぁ、とも思うわけです。
韓国の人たちも、日本の市民に対してはそうであってほしいんだけど...
実際、半日教育も受けているというし...

来週、韓国行く予定。しかも日韓共催イベントに行くつもりなので、そういうことも同じ世代の人たちと普通に話せたらなぁ、と思う。

にしても、上に書いた朝鮮日報のサイト、ペ・ヨンジュンの話題が載っててほんと良かったぁと思ってしまいました。笑
by ayya-i10x | 2005-03-18 00:21 | - Other

Survivartぜひみてほしいです

いやー、今回はかなりがんばった気がしますが、たくさんの方々のご協力によりできたといっても過言ではありません。インタビューもかなりおもしろい感じになっていると思います。編集を担当した、岩井氏(Survivart)を褒めたい!です。彼がアーティストで良かったぁ、と思いました。

ほんとにこれは絶対に体験しに来た方がいいと思います。20日までですが、20日の夜はサバカンがあるので、思う存分楽しみたい方は、明日〜日曜の夕方までの時間がオススメです。

サバイバート
http://survivart.net/
by ayya-i10x | 2005-03-17 23:53 | - Survivart

最近は仕事と仕事とサバの準備

年度末のためか、やってもやっても仕事が終わらず。
しかもサバ次回企画の準備のほうも、いろんな調整とかスタッフやりくりとか、なかなか大変になってきた。とはいえ、連日感動したりぐったりしたり、いろんな感情が起こってきてそれはそれで楽しかったり。ほんとはこういうのをもっといろんな人に体験してもらいたいんだけどな。

自分の目で見たり聞いたり感じたことを大切にしようと思う。いえ、今までもそう思っていたけれど、より一層そう思う。ただし、歴史を踏まえた上で。

私にとって、アートってなんなんだろう、と考えてみる。デザインではなくてアート。
アートは私にできないこと、私は目撃者としての位置でいたい。
デザインがすばらしいものを見ても、それをデザインした人への興味はあまりわかない。でもアーティストの場合、作品が気になると、その作者も非常に気になる。
それだけ作品には、作者自身がにじみ出てしまうものだからなのか。
もちろんデザインとアートの両方ができる人もいる。けどその作品をそれぞれ見たときに、私はアートの作品の方に思いをめぐらせるんだろうなぁ。

見る側の自由度もやっぱりアートの方が幅が広いだろうし。デザインはターゲットであったりクライアントであったり、そこが重要になってくるけど、アートは受け手次第。同じ作品でも見るときの環境や自分の体調によっても感じることは変わってくるだろうし。
それがおもしろいと思う。というのが私という人間だ。

なんとなく、今の自分が思ったこととして、書き留めておく。
来月で29歳になる。ちっとも若くないなぁ。笑
by ayya-i10x | 2005-03-12 00:12 | - Other

次回のサバカンは田中泯さんゲストです!

次回のサバイバートはすごいことになっております。ただいま、我がSurvivartの岩井代表が、奔走中。
ご予約(サバカン)はお早めに。

a0034005_1631321.jpg
Survivart β ver.003
お金とコミュニティに
焦点をあてたプロジェクト
http://survivart.net/
────────────────
日時:3月16日(水)〜20(日)
   連日午後2時〜10時
会場:Live Space planB
────────────────


■エキシビジョン:「Finding memory」 入場無料
・「目盛」(榎倉康二、1984年、planB)の再制作に挑みます
・1984年当時の記録映像上映
・榎倉氏と交流のあった方々へのインタビュー映像上映
(榎倉夫人、木幡和枝氏、高山登氏、針生一郎氏 他)
・写真家・木村功氏による白州での榎倉康二作品の写真展示
・planB通信(毎月発行)1982年〜現在までのファイル展示 他
──────────────────────────────

■カンバース:ゲスト=田中泯(舞踊家)
 20(日)午後8時〜(30分前より受付)
 入場料¥1000(1Drink+α) 要予約
 http://survivart.net/contact/
──────────────────────────────

□会場:Live Space planB
TEL: 03-3384-2051
〒164-0013 東京都中野区弥生町4-26-20モナーク中野B1
・丸ノ内線中野富士見町駅徒歩7分
・JR中野駅南口より京王バス、渋谷行きか新宿駅西口行、
 富士高校前下車
──────────────────────────────

★予約・お問合せ(サバイバート)
 http://survivart.net/
 info@survivart.net
 090-2430-0580(岩井)
──────────────────────────────

1984年、美術家・榎倉康二は「目盛」と題した作品をplanBにて制作しました。作品は会期中だけ展示され、現在残っているのは当時の<記録>写真数点と時間を共有した人々の<記憶>のみです。当時の<記録>と<記憶>を手がかりに、これまで榎倉康二を全く知らなかったメンバーで再制作を行います。
この作業は、美術様式の再検討や現代美術のおさらい等の回顧主義的かつノスタルジックで単調な再制作ではなく、<記録>という網膜的な情報、実際に居合わせた人々とのコミュニケーション、<記憶>の言説の境界線上から「目盛」/榎倉康二の体制と普遍性を顕在化させることに同じ場所で挑むというワークショップです。予備知識も先入観もないメンバーは、新しい「目盛」/榎倉康二の側面を導き出せる可能性、いわば<想像>を超えた<創造>をも含んでいます。
ここで既に生じている、「目盛」榎倉康二を「知っている人」と「知らない人」というきわの定義さえも、「知っている人」であれば「目盛」/榎本康二を彷彿とせずにはいられないでしょう。このワークショップが「知っている人」と「知らない人」との間を繋ぎ、測る「めもり」そのものとしても機能すると考えています。サバイバートカンバースではゲストにplanBの設立メンバーで、榎倉氏をはじめ多くの美術家と交友の深かった舞踊家・田中泯氏を迎え、「目盛」での踊りの様子をはじめ、planB立ち上げ当初の運営状況、サバイバルの実践とも言うべき農村での自給自足生活など、様々な角度からお話をうかがいます。
Survivartにとって当企画は、これから1年間の活動拠点となるplanBの場の記憶を「目盛」/榎倉康二という作品/作家、田中泯という現在を生きる表現者を介して探る実験でもあります。
プレ企画の最後、本格始動の直前というきわの企画。どうぞご期待下さい。


・田中泯…1945年東京生。前衛と伝統の融合を求め、国内外で舞踊、オペラ、美術展、映画等に活躍。山梨県甲斐市で、舞踊団・農事組合法人「桃花村」、舞踊資源研究所主宰。国際共同制作作品も数多く発表。モスクワ市立演劇学校舞踊科舞踊団の開設推進。plan B創設メンバーとして、現在も独舞、桃花村ほか公演をplan Bで継続している。
by ayya-i10x | 2005-03-08 16:00 | - Survivart

QRANK vol.9 2005 SPRING

a0034005_2553552.jpg1月末の急な韓国行きは、この雑誌の取材のためでした。
実は私、ペ・ドゥナを撮って参りました。

写真はもちろん自分で撮ったのでわかってますが、誌面にはどんなふうに載っているのか、まだ見ていないのでドキドキです。でも編集部の方もADさんも、そしてペ・ドゥナの事務所の方も褒めてくれていたそうなので、よかったよかった。笑

訪韓中は韓国初体験の編集部Kさんと日本語の通じない場所ばっかり行って、何をするにもチャレンジャーでした。しかも途中放置プレイもしてしまったりして...。挙げ句の果てには、私の適当な時間配分のせいで帰りの飛行機に乗り遅れそうになるし...。踏んだり蹴ったりだったかも。笑
ま、それも旅の思い出ということで。

そうそう、最後の日におみやげを買いに仁寺洞の陶磁器屋さんに行って、お店の方に韓国語で少し話しかけてたら、途中で日本の方ですか?と流ちょうな日本語で聞かれまして。笑
その方は韓国に嫁いだ日本人の方だそう。確か仁寺アートセンターのすぐ近くの角にあるお店です。私は小鉢と木のお盆を購入しました。(ちなみにこの小鉢が原因で手荷物検査にひっかかりましたけどね。)
他にも、教保文庫の日本語書籍コーナーでナンバした韓国人女子大生の女の子に急遽取材協力してもらったりして。なんだか色々楽しかったです。

ペ・ドゥナの他にも、韓国取材ページは全て撮影してまーす。
よかったら是非買って下さいね!


QRANK vol.9 2005 SPRING
3/5発売

定価:690円(税込)
発行:P2P NETWORK
発売:サンクチュアリ出版

http://www.p2p-network.com/


それにしても最近、撮影の仕事が多い...。なぜだろう。
今日はてんてこ舞いでもう電池切れ寸前でございます。
by ayya-i10x | 2005-03-01 03:06 | - Korea


サイト*885*のFeverをblogで。


by ayya-i10x

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
- Profile
- Survivart
- Project
- Exhibition&Event
- Dance&Stage
- Movie&Music
- Food&Drink
- Other
- Berlin
- Barcelona
- London
- Korea
- Hangul(한글)

ブログパーツ

ライフログ










フォロー中のブログ

函館望郷ブログ Life...
かつては、ハケン生活者
Fuji, Hirosh...
うちの食卓 Non so...
科学者の感性
ウラゲツ☆ブログ
直島カフェ まるやのこん...
【こぐれ日乗】by 小暮...
周家の食卓
ニューヨークの遊び方
たべられる文章
smacks dialy
KOSUGE1-16の日誌
日々是写真
部屋を出る。
npo S-AIR エスエア
イノレコモンズのふた。
アート・オウトノミー・ネ...
spazieren
北海道美術ブログ(札幌圏...
MUSEUM OF TR...
天神芸術学校2006 川端校
かんざし娘日記
英語でブログ、Blog ...
MemoRandom
アートとビジネス
art blog VOI...
Nikkiiiiiii ...
そんなにみつめないで
Survivart Ne...
art drops
日菓のあれこれ
いわいさんちweb
アートNPOリンク
関美穂子
[通路]BLOG
MUSEUM OF TR...
about the me...
Documentary ...
grow up! Dan...
中崎透遊戯室/NAKAZ...
Midori Art C...

外部blog&link

最新のトラックバック

ソウルでの展覧会「Re:..
from *885* Fever
『ヨコハマメリー』 白き..
from *モナミ*
久々のSuperDeluxe
from *885* Fever
映画「ヨコハマメリー」
from 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の..
お金の教育
from 団塊世代の父へ贈る★定年退職..

以前の記事

2012年 09月
2012年 06月
2012年 02月
2011年 03月
2011年 01月
more...

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧